ようこそILMA Expressへ!
 ここILMA島を舞台に、漫画と遊びの
 成果をニュース形式でお届けしています。
  お問い合わせはこちらにどうぞ。

 艦隊旗艦、遭難す!
 ILMA島艦隊のジムニーが
 自走不能、回収へ!

 イラスト置き場
 年賀イラスト3作も頂きました!
 ありがたやの緊急掲載!

 ILMA国際会議場
 実はタダの島の集会所。
 偏った話題大歓迎!!

 ILMA Express刊行物のご案内
 ようやく完成、新コーナー。戦車やら
 宇宙船やら、メカものばかりですが。

 TYD ILMA出張所
 あなたのマシンで宇宙人探し!
 Team Yellow Dwarfを応援しよう。

 ILMA戦車隊
 自作戦車プラモの総合展示場。
 猫耳戦車仕様のRCタンク展示中

 ペットボトルロケットのゲーム!
 CGIを使ったペットボトルロケットの打上げ

 護岸工事開始!
 javaが直ったリンクページ
HITS

« 猫耳Panzer Front bks. Volume2 「バルクマンちゃんが征く!」 | メイン | 猫耳Panzer Front bks. Ausf.B 「突撃!マチルダ姫!!」 »

猫耳Panzer Front bks. Volume3 「ネヴァ川を越えて!」

【ストーリー】
 1943年1月、ソビエト軍はレニングラード包囲網を突破すべく進撃を開始。ネヴァ川の対岸へと突破口を開くべく、ドイツ軍への反撃を開始した。
 その中に猫耳をつけた女性戦車長と操縦手が乗り込むT-70があった。戦車長は歴戦の勇士だけど、操縦手は猪突猛進。常識も、物理法則をも?無視した戦いを挑むのであった。

【解説】
 猫耳PANZER FRONT.bksシリーズのルーツとも言える、ソ連編をやっとこさ描き上げました。遂に明かされる猫耳戦車兵の秘密? って、それほど大げさなモンじゃないですが(^^;
 表紙カラーはロシア戦車独特の冬季迷彩です。ロシア戦車のプラモと同様、失敗するとなんかただの汚い本みたいになっちゃいそうで、装丁にエラく苦労しております。

【在庫状況】
 2004年12月 初版発行。残部ちょこっとあり。
 2005年08月 再版発行。完売しました。
 2005年12月 第3版発行。完売しました。再版予定あり。
 2007年08月 第4版発行。残部あり。
 2008年12月 完売御礼です。再販は未定です。

About

2007年09月23日 19:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「猫耳Panzer Front bks. Volume2 「バルクマンちゃんが征く!」」です。

次の投稿は「猫耳Panzer Front bks. Ausf.B 「突撃!マチルダ姫!!」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type