HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
遅ればせながら しないつぐみ さん 1999年09月16日(木) 01時16分
[Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]
だひー。戻ってまいりましたー。
もちっと早くご報告(?)するつもりが、いきなりプロバイダさんがどうかしたらしくて(TT)。
15日の昼の便に乗ったのですが、丁度いいタイミングだったらしくて、台風の残滓らしき雲を見ることが出来ました(^^)。
向こうでは何だか友達に会ったり模型店に行ったりPET-RODのモックアップ作ったり絵を描いたりでばたばたしましたが(遊びほうけたとも言う^^;)、やはり20年すごした土地と気候というのは良いもので、リフレッシュしてまいりました(^^)。

ところで。
割と昔から好きで
  • おかちん さん HomePage 投稿日:1999年09月16日(木) 08時22分
    [Mozilla/3.0 [ja] (Win95; I)]  
    お帰りなさい,しないさん。なにやら幸せそうな里帰りですねえ。いいなあ。
    荒らされていない模型屋があるって羨ましいです。He111Zですか。飛行機は
    ただでさえ土地鑑ないからなあ。次回チャンスがあれば是非デジカメで撮っ
    てきてくださいまし。

    >エアフィックス
     そもそも,この辺が置いてあるとは,並みの模型屋ではないですね(^^;

  • 三十郎 さん HomePage 投稿日:1999年09月16日(木) 09時32分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    へぇ〜HE111Zですか。あんな珍機もモデル化されてるんですねぇ。元々はギガント(コナンに出てくるアレじゃないですよ)という巨大グライダーの曳航用に開発作成された5発機ですね。当時まともに動く大型機が無かったドイツ空軍にとって、他に選択の余地無しと中型の爆撃機だったHe111をくっつけて中央に同一エンジンを追加したという奴です。個人的には無茶するなぁと言う印象の方が強いんですが、速度以外では案外良い機体になったそうですが、只でさえ機体数が足りないところへ持ってきて、生産効率が半分に落ちるZの生産は12機でうち切られたらしいです。

  • しないつぐみ さん 投稿日:1999年09月16日(木) 10時21分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >並でない模型屋
    そうなんです、広さはそれほどでもないですが、輸入キットも国内のものも豊富で(^^
    いつか札幌に行かれる機会があれば是非覗いてみて下さい。場所はこっそりお教えします(^^)>皆様
    >He111Z
    うひゃぁ、皆さんご存知なんですねえ(^^;)。
    いやはや、侮れませんなぁ、やはり(^^)。
    デジカメは持ってないので(だからってわけでも有りませんが^^)、今度行った時にまだ残ってたら保護してこようかな、と(^^)。そういえばギガントも有りました(やはりレベル製)。これはもうセットで買うしか・・・?
    ドイツといえば、ドイツの某メーカー(なんていったっけ^^;)のドイツ機の模型の箱絵を見てびっくり。なんとハーケンクロイツが描かれておらず、変わりに田の字を斜めにしたようなマーキングがなされているのです。本当にドイツでは鉤十字に対する規制がきびしいなあ、と思ったんですが、他国からの輸入品(長谷川とか田宮とか)に対してはどうなんでしょうね?
    あ、もう一つ謎が。チェコ、プラネットモデル製のMe262のキットがあったのですが、箱には「Me109P(?Ptかも)」と有ったのです。なんだったんだろう。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:1999年09月16日(木) 17時23分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >He111Z
     Webをうろうろして,見てきました。すんごいですね。これ。左右の
     パイロットがラダーを逆に踏んだらちぎれるのでは(^^;
     確かに究極ですね。Zの意味がよく分かりました。また1つ賢くなり
     ました。

    #そういえば,スケッチブックは無事に届きました?

  • しないつぐみ さん 投稿日:1999年09月16日(木) 19時07分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >He111Z
    ZはZWEIのZと思ってましたが(機種名もそんな感じだったし)、Q極のZですか、ふむむ、成る程(かけてるのかな?)。
    >左右のパイロットがラダーを逆に踏んだらちぎれるのでは(^^;
    あはは(^^)。多分、左右のどちらかで操縦するんでしょうが、スロットルも多いだろうし、大変でしょうね(^^)。でも10発機とかと比べたらまだマシかも?
    でもあんなの、ドイツ人にしか扱えないだろうなぁ(^^
    >スケブ
    無事届いております、本当に有難うございましたm(__)m
    感想は後ほどメールで(遅くなって済みませんです**;)。
     

  • 松浦 さん 投稿日:1999年09月16日(木) 20時05分
    [Mozilla/4.04 [ja] (Macintosh; I; PPC; Nav)]  
    ううう、He111Zとなると出てこんわけにはいかん!!
     あたしゃ高校時代にHe111の1/144キット(クラウン製)を2つつないで作ったことがあったのよ。1/72はイタレリ製ですね。同時にMe321グライダーも発売されていて、両方作るのが正しいドイツ機マニアでした…ってもう15年ぐらい前の話ですが。

     Zは確かドイツ語の「双生児」の頭文字からだったはず。究極のZではありません。
     究極のZ(確かラテン語の「これをもって証明されたり」の頭文字だったと記憶しているが…QEDって何だったっけ??)をつけたのは、グランビル兄弟が製作したGeeBeeレーサー(ジミー・ドゥーリットルが速度記録を作ったビヤダルのような機体)の後継機GeeBee Zだったはずです。こいつはとんでもない駄作機でパイロットが死ぬ事故を起こしたあげく、グランビル兄弟商会は倒産した――と記憶しています。すみませぬ、記憶モードです。

     で、話をHe111Zに戻すと、確か真ん中の5番目のエンジンには空冷のBMW801(フォッケFw190のエンジン)を使っていたはず(すくなくともそういうバージョンがあった)。たしかカウリングもフォッケからの転用と記憶しています。つまり通常のユモ液冷エンジン4基プラス空冷のBMWエンジンという、整備する側からするととってもいやな構造だったわけです。ちなみに尾翼はつながっておりませぬ。

     なんでも横に繋げばいい、ってもんじゃないけれども。ナチス・ドイツはMe109Z(これは実際に作ったらしい)とか、ろくに飛びもしなかったMe309を2つつないだMe609とか、考えるだに恐ろしいDo335横並びの4発機Do635とか、いろいろ考えています。

     アメリカはP-82「ツインムスタング」ってのを作ってますね。これは形に似合わぬ傑作機だったそうです。

     Me109Pは練習用に複座にしたMe109Gの派生型でしたっけね。

     関係ないけれども、グライダーの曳航というと忘れられない写真が。複葉のBu-133「ユングマン」が、ホルテンの無尾翼グライダーを引っ張っているという写真があります。古雅な複葉機がウルトラモダンな後退角付き無尾翼機を曳航しているという、シュールをきわめたような写真です。

    ドイツ機も昔はせっせと調べたんだけどなあ。

    松浦


  • おきかずひこ さん HomePage 投稿日:1999年09月16日(木) 22時05分
    [Mozilla/2.0 (compatible; MSIE 3.01; Windows 95)]  
    ひこーきとなれば出てこないわけには・・・
    ZはツヴァイリンクのZでしょう。
    2つつなぐと翼端の抵抗がひとつ分減るので、同じ飛行機2機よりもちょっと効率がよくなります(^_^)

  • おきかずひこ さん HomePage 投稿日:1999年09月16日(木) 22時07分
    [Mozilla/2.0 (compatible; MSIE 3.01; Windows 95)]  
    あ、翼端2つ分のまちがいでした。
    サーブJ28は、J21のジェット化したやつだと思います。
    ちょっとうろ覚えですが。

  • 電波 機三郎 さん 投稿日:1999年09月16日(木) 23時40分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    うーん、第2次大戦のドイツには夢(?)がいっぱいありますね。
    航空機以外にもキワモノ兵器を開発していたようですが、いまでは笑い話にしかならないようなモノが当時の技術者はまじめに開発しようとしていたんですね。

    ちょっと話は変わりますがこのスレッドを読んでいたときに思い出した漫画があります。
    画:おおのやすゆき
    原案:大滝よしえもん
    「深く静かに沈没せよ」(出版社はチト忘れてしまいました)
    この単行本の中に双子の国王が登場しまして、その国の軍備はすべて国王の趣味で双子機になっているという話がありました。
    (ツインバルキリーというキチピーなしろものが登場していました)

    古本屋などで見かけられたら、一度手にとって見てください。

  • ふじのん さん 投稿日:1999年09月17日(金) 01時20分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.5; Mac_PowerPC)]  
    >なんとハーケンクロイツが描かれておらず、変わりに田の字を斜めにしたようなマーキ>ングがなされているのです。本当にドイツでは鉤十字に対する規制がきびしいなあ、と>思ったんですが、他国からの輸入品(長谷川とか田宮とか)に対してはどうなんでしょうね?

    タミヤや、ハセガワのキットのスワチカは、斜めに半分に割った状態で入っています。
    それを組み合わせてスワチカに復元せよというわけ。
    こんなんでいいんかい、と思わないでもないんですが、
    入ってないと困るし、歴史上存在した物ですからねえ。
    いえ、反感を持つ人の気持ちは考えなければいけないと思いますが。

    >GeeBeeレーサー(ジミー・ドゥーリットルが速度記録を作ったビヤダルのような機体)の>後継機GeeBee Zだったはずです。こいつはとんでもない駄作機でパイロットが死ぬ事故>を起こしたあげく、グランビル兄弟商会は倒産した――と記憶しています。すみませ
    >ぬ、記憶モードです。

    ジービーZは1931年にローウェル・R・ベイルズの手による速度記録挑戦中に
    燃料キャップがはずれてコクピットに飛び込み、そのままバランスを崩して
    墜落したとあります。
    その後のR−1レーサーも墜落。
    グランビル兄弟の長兄も墜落死しています。
    このR−1で墜落死した者と、グランビルの長兄が同一人物かは、手元の文献では
    分かりませんでしたが、下手をすると3人もの人間を死に追いやった死神飛行機
    ともいえるかもしれません。
    しかしながら、この機体、トンプソントロフィーにおける輝かしい成績も残しており
    ただの駄っ作機ではないところも証明されています。
    まあ、見るからに危ない機体ではありますが。
    私はこの機体結構好きですよ。
    いまでもリノエアレースで、レプリカの姿を見ることができます。
    今のところ落ちたという話は聞かないので、いまの技術なら
    何とかなるものなのかもしれせんね。

    >エアフィックス
     そもそも,この辺が置いてあるとは,並みの模型屋ではないですね(^^;

    いえ、最近のエアフィックスはかなりレベルアップしています。
    特にスピットファイアのMk22などは、なかなかの好キットです。
    最近は各メーカーとも韓国に金型を発注してるらしく
    だいたいどれを買っても問題ありません。
    なかには、ぎゃー助けてー! なものもありますが、よほどひどい簡易インジェクション
    メーカーか、マッチボックスぐらいな気もします。

    ここ、飛行機の人少なそうですね。
    ついでに本のおたずねをしたいのですが、
    エアログラフィックスという本の1号を探しています。
    出版社はCBSソニー出版。
    どなたか、持ってるぞ、しかも譲ってもよいぞ、という方か、
    どこそこで見たぞ、という方がいらっしゃいましたらお知らせください。
    2〜4号は持っているのですが、どうしても1号だけ見つかりません。
    お心当たりの方はお願いいたします。


  • 三十郎 さん HomePage 投稿日:1999年09月17日(金) 12時09分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    確かドイツではスワスチカの描画、右手を前へ差し出す例のポーズ共に違法になっていると
    聞いたことがあります。よってしないさんのお話の通り、『田』の字を歪めたような図形になっていたり、ふじのんさんの仰るとおり、半分ずつになって居るんだと思います。完成の暁には当局も知らんぷりなんでしょうね。製品は駄目だけど。

  • あいば さん 投稿日:1999年09月17日(金) 12時28分
    [Mozilla/4.06 [ja] (Macintosh; I; PPC)]  
    >エアログラフィックスという本の1号を探しています。
    >どなたか、持ってるぞ、しかも譲ってもよいぞ、という方

    …なぜか持ってます。
    どうせ本棚の肥やしにしておくくらいなら、
    ふじのんさんに有効活用していただく方が良いでしょう。
    25日持っていきます。


  • 松浦 さん 投稿日:1999年09月17日(金) 21時30分
    [Mozilla/4.04 [ja] (Macintosh; I; PPC; Nav)]  
     なんということだ。グランビル兄弟とGeeBee Zの話題に反応があるとは。しかもふじのんさんから!!ここはすごいなあ。

     なるほどGeeBee Zはトンプソントロフィーでは活躍していたのですね。知らんかった。

     あの機体の欠点はどうみても尾翼、特に垂直尾翼容積の不足ですから、リノで飛んでいるレプリカは、胴体の断面形状をこっそり変えたりして(円形断面から平面構成に変えるだけでも若干容積を稼げる。ちなみに尾翼容積というのは、尾翼面積×重心から尾翼の空力中心までの距離という数値[ううむ、航空工学ももはや記憶の彼方だぞ]で機体の安定性を示す指標です)、垂直尾翼容積をかせいでいるのかも知れませんね。

     確かにGeeBee Zは、GeeBeeよりもちょっと全長も長くなって塗装も確か黒(白黒写真でしか見たことがないので赤なのかも)でなかなか格好はいいんですよ。でも、私なら同じZなら「カワサキZ」を選びます(ホンダZ?まあ昔の360の奴ならね)。

     GeeBee Zの出た映画は寡聞にして知りませんが、GeeBeeは「ロケッティア」冒頭で飛んでいました(ジェニファー・コネリーが一番かわいかった頃の映画ね)。あの映画はハワード・ヒューズが出てきて、主人公がスプルース・グーズの風洞モデルにぶら下がって滑空して危地を脱出!(そんなバカな)というシーンがありまして、それを見たヒューズが「確信した、あれは飛ぶぞ!」と叫ぶという、戦後のヒューズ疑獄と、ヒューズ無罪に至るまでのスプルース・グースの果たした役割を知る者には大笑いのシーンがありました。

     そういや、マイアミの展示もなくなってしまったスプルース・グースですが、今はどこにあるのでしょうか。

    >>スワスチカ
     裏焼きで「お寺のマークです。ただし裏返しに張って下さい」…とはいかないだろうな。

     確かに向こうのキットでは変な具合に分割されています。でもって思い出してしまったマンガ「リングにかけろ」。少年ジャンプでの連載当時、私は高1でしたが、さすがに「西ドイツ代表がナチの格好をしてはマズイんでないの」と考えるだけの良識は持っておりましたとさ。
     その後知能指数200だかの坊や(ヘルガ君とか言ったかな)が次々繰り出す「物理1」の演習問題には腹を抱えて笑わせてもらったもんです(物理の授業と連載がほとんどシンクロしていたんです)。

     3年ほど前にフランスに行った時に本屋でフランス語版「ベルセルク」を見かけました。後日某イラストレーター氏に「あれはカトリック国では涜神的と思われないか」と質問したら、「ああ、日本人がやるぶんにはいいんです」との答えが返ってきました。

     とはいえ、あれだけ国内では売れた「リンかけ」だけども、海外では売れないだろうなあ。

     最近戦争映画も見ていませんが「シン・レッド・ライン」は知り合いのマニア共の間で「あんなの正しいガタルカナルじゃないやい」という議論になっていました。
     私の見た限りでは「太陽の帝国」での上海事変の日本兵は比較的正確だったような覚えがあります。ガッツ石松が見事に兵隊役にはまっていて感心してしまったのですけれども、その後機会があって父に話すと「バカ、お前知らんのか。『どんな大根役者でも、日本人なら兵隊とやくざは演じられる』って言葉があるんだぞ」とどやされました。

     俺にも兵隊とやくざ役なら俳優業ができるのだろうか???

    >>ツインバルキリーというキチピーなしろもの
     変形すると「キカイダー01」の「ザタム」になるとか。それともウルトラマンの「ペスター」とか(すいません。年がバレるネタですね)。
     それともバルキリー違いの XB-270とか。そういやあNHKの人形劇「空中都市008」に双胴のSSTが出ていたのを覚えていた人います??

     松本零士「ミライザーバン」に、C-5Aギャラクシーを2機繋いだような機体が出てきたのを覚えている人…ってのはいないだろうなあ。

    >>エアログラフィックスという本の1号
     知り合いがライターをしていたので買ったはずなんですが、本棚にまだあるかどうか…狭いので不要と判断した雑誌は容赦なく処分していますので。まあいいや、こんどあいばさんに見せて貰おう。

    >>エアフィックスのキット
     「作る、絶対に作る!!」と決意して買いながらも、箱を開けたとたんヘナヘナとなってお蔵入りになっているのがいくつもあります。どれとは言わないが、He177とか…。なにせ同梱のヘンシェル飛行爆弾のほうがはるかにデキがよいという、それこそ「キビシーッ」なキットでした。

     He177もいかにもドイツな機体ですよね。撃たれなくても勝手に火を噴いてしまう双子エンジンに、どう考えても問題ありすぎの主脚(プラモですら4つのタイヤをツライチにそろえるのが至難の業という困った構造!!)、あげくのはてがあのサイズで急降下爆撃用ダイブブレーキ付きという…

     この機体は考えなしの急降下爆撃論者のウーデット空軍総監(映画会社のウーファでスタントパイロットをやっていたころが人生の華だったよなあ、後にナチの官僚体質に耐えられず自殺)と、情熱的だが飽きっぽい設計者のヘルテル(佐貫亦男先生がその著書「ヒコーキの心」で「ヘルテルはHe177はハインケルの責任だと言った。私は彼に責任があると感じた。その言葉には設計者に必要な誠実さが感じられなかったから」とばっさりやっておられます)の産物でした。
     ヘルテルの親分であるハインケルは、さっさとHe177をあきらめるようにナチ空軍に進言しますが受け入れられず、結局通常の4発に変更したHe277をフランス占領地域で、空軍から隠れるように開発する羽目に陥ります。なんという本末転倒。
     He277は大変すばらしい性能を示したそうですがそのときすでに遅し。もはやドイツは爆撃機など必要な状態ではなかったのでしたとさ。

     まあ他人事ではないのだよな。太平洋戦争末期の紫電改増産にともなう、もはや笑うしかないドタバタとか、日本もあれこれやってますからねえ。

    松浦


  • おかちん さん HomePage 投稿日:1999年09月17日(金) 22時27分
    [Mozilla/3.0 [ja] (Win95; I)]  
    うお,出遅れ。どうしてこう,いない日に限って(^^;
    私,飛行機はもともと浅学なので,すんごい楽しんで読んでます。
    知りたい角度から要点よくまとまった発言をもらえるのが至福の極みです。
    これで,にわか「左右つながった飛行機博士」になれました。
    あとGeeBeeもね(^^)

    >田の字
     うまく切ればなんとかマークが出来そう。対称にカットするのが
     ちょっと難しそうですけど。二つを張り合わせる方が楽そうですね。

    >エアログラフィックス
     ....さすが,あいばさん(^^;

    >スケブの感想(しないさんWote)
     いやいや,べつに落書きなんで,改まらないで下さい。
     留守中に送ってしまったんで,心配だっただけなので(^^)
     って,すでにログの彼方〜(^^;

  • しないつぐみ さん 投稿日:1999年09月17日(金) 22時47分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    うひゃぁ、スレッド伸びる伸びる(^^)。

    >松浦さん
    ここを押して
    >正しいドイツ機マニア
    ううむ、そうだったのですか(^^)。ギガントのキットはこちらでも見つけました。改めてみてみるとグライダー型ではありませんでしたが、1/72でイタアレリ製でした。
    >111Zのエンジン
    二種混在ですか、変な事してたんですねぇ。
    >GeeBeeレーサー
    あ、聞き覚えが有ります。多分私が知ってるのはレプリカかな?
    >Me609
    ・・・丁

  • しないつぐみ さん 投稿日:1999年09月17日(金) 22時51分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    ああっ、変な事しちゃいました(TT).
    ええっと、「ここを押して」はどこに書くか迷ってとりあえずおいておいて忘れていたSAABのHPのアドレスです(TT).J-21が載ってます。
    大変失礼しましたm(__)m>松浦さん

  • しないつぐみ さん 投稿日:1999年09月17日(金) 23時03分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >GeeBeeの色
    確か赤・・・だったような・・・違うような・・。MGとかに載ってるかなぁ、後で探してみます。
    >ツインバルキリー
    VF−1の方でしたら、前にMG誌でバルキリー大会やってた時に有りましたよ(^^)。
    >スケブ
    あ、なんだかすみません(^^;)。でも嬉しいものなのです(^^)>おかちんさん


  • 電波 機三郎 さん 投稿日:1999年09月18日(土) 00時48分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >ツインバルキリー
    えーと、これは実機(?)の形式番号を知らないので断言できませんが、米国の爆撃機を双胴にしたものが出てきます。
    実家に戻って押入れを探したらすぐに漫画が出てきました。
    改めて読み返すとすごい漫画です。(どう凄いか、は言えませんが)
    で、この実在したバルキリーという機体は漫画の記述が本当なら

    「バルキリーは旋回に要する時間なんと13分!!
    旋回半径は160km!!(ウソではない)」

    本当なら何を考えているんだ?<米国

  • そー おきかずひこ さん HomePage 投稿日:1999年09月18日(土) 01時30分
    [Mozilla/2.0 (compatible; MSIE 3.01; Windows 95)]  
    私はジェット機はちょと苦手ですが、XB−70バルキリーについてはここを押して
    に写真があります。米国空軍博物館に展示してありますが、つまるところB−1のおとうさんといったところ。非常に美しい機体で、ファンも多いです。
    >サーブ
    あ、J21R、そうでした。たははー。でもウアンパイア/ヴェノムあたりの機体も大好き。やはり双支持架推進式には心引かれるものがありますね。実際のところ、日本の同種の機体では解決できなかった水平尾翼の振動など、J21はどうやって解決したんでしょうね。
    >ロケッティア
    いやー、私は大好きな映画なんですが、まわりはわかってくれんです(^_^)。みんなジェニファーの胸しか見てないんかー(^_^;)。確かにGeeBeeZが最初と最後に出てきます。ハワード・ヒューズはもうひとつの私的大好き映画「タッカー」にも出てきます。


  • 黒土龍 さん 投稿日:1999年09月18日(土) 03時25分
    [Mozilla/4.5 (Macintosh; I; PPC)]  
    " 総じて地に足が着かない物は苦手なので、飛行機知識は一般人並なれど敢えて参加。

    >GeeBee
     いきなりレベル下がってゲームネタ、PSの""AirRaceChampionship""でしょっぱなから使える機体として同名の物があるのですが、それなのだろうか?
    ずんぐりむっくりのおおよそ速そうには思えない姿でしたが性能的に相性がよかったので使ってたのですが、あれがそうだとすると見かけによらんものだなぁ。
    ま、それだけっス。


    "

  • おかちん さん HomePage 投稿日:1999年09月18日(土) 11時45分
    [Mozilla/3.0 [ja] (Win95; I)]  
    >AirRaceChampionship
     おお,私はその前身にあたるレシプロビート5000を持っております。
     やっぱりGeeBeeが出てくるんですが,これがまた曲がらない(^^;
     やけくそパワーがでるので面白いのですが実際よう死にました。
     レシプロビートは面白いんですが,ロード時間が長すぎるのが×。
     ふつふつと湧いたアドレナリンが次の面が表示される前にスーッと
     引いていくのが分かります(^^;

  • ふじのん さん 投稿日:1999年09月18日(土) 13時23分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.5; Mac_PowerPC)]  
    >>エアログラフィックスという本の1号を探しています。
    >>どなたか、持ってるぞ、しかも譲ってもよいぞ、という方

    >…なぜか持ってます。
    >どうせ本棚の肥やしにしておくくらいなら、
    >ふじのんさんに有効活用していただく方が良いでしょう。
    >25日持っていきます。

    まさか出てくるとは思いませんでした。書いておいてなんですが。
    ありがとうございます! あいばさん
    これで何年目かにしてやっと全巻揃います。
    多分途中で廃刊になってしまったのでしょう。
    次号予告が4号目に載ってましたから。
    あのちょっと変わった

  • ふじのん さん 投稿日:1999年09月18日(土) 13時27分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.5; Mac_PowerPC)]  
    すいません。訂正です。
    エアログラフィックの蛇の目
    ではなく
    スケールアヴィエーションの蛇の目
    でした。ちょっと混乱してしまいました。
    謹んで訂正させていただきます。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:1999年09月19日(日) 15時38分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >おたずねLD
     うーん,Michyさんが来ればすぐ分かるだろうなあ。あのひとスゴイ所蔵
     があるから。しかし,最近お見かけしませんね。こんどメールしてみよう。

    >ピットロード襲撃
     とんでもない,お待ちしておりました。みんなで襲いましょう(^^)
     ゆめOFF後ですかね?

  • みゃあ さん HomePage 投稿日:1999年09月19日(日) 15時55分
    [Mozilla/4.6 [en] (WinNT; I)]  
    あう。ちょっと目を離している隙に、
    なにやら面白げな話題が(^^;
    XB-70については、「星のパイロット」…じゃなくて(^^;、
    ドライデンのアーカイヴここを押しての方でも、写真を見ることができます。
    ついでに、動画も置いてあるので、壮絶な離陸風景もご覧になれます(笑)
    なにげに「週刊Air Craft」のXB-70の号だけ持ってたり、大好きなんですよぉ。

    エアレーサーの話題もありますねぇ。
    僕は、2重反転ペラのグリフォンのファンなので(なんだそりゃ(^^;
    「レッドバロン」とか「プレシャス・メタル」とか、
    あのあたりの機体が好きですね。
    ちなみに、リノ・エアレースのオフィシャルサイトはこちらですね。ここを押して
    レギュレーションとか詳しく書いてあって、ネタには事欠きません。
    最近は「レアベア」が出てこなかったり、調子悪かったりでちょっと残念です。
    身近にエアレースの話題がわかる人いないので、ちょっと暴走気味です(笑)

    「AERO Graphics」って、ソニー出版が出してたやつですかね。
    確か、1号と2号を持ってます。あの頃は小遣いが少なかったので、
    3号以降は資金の関係で買えなかったことを思い出します。
    1号では、前出の「レッドバロン」の特集があったんでしたっけ。

    …暴走気味なので、このあたりで(笑)

  • ふじのん さん 投稿日:1999年09月20日(月) 11時27分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.5; Mac_PowerPC)]  
    >エアレーサー
    私としては、ミスアシュレイ2に一票。
    いまは無きワールドジェットのグリフォンを心臓にいただき、
    後退翼を持った美しい機体。
    あいにくまだ優勝経験はありませんが、まだ2年目につき
    これからといったところでしょう。
    もちろん、レッドバロンも永遠の名機といって差し支えない、すばらしい機体です。
    ヒントン、奇跡の生還としても有名な機体ですね。
    あと、通な感じのストレガなどもおすすめの一機。
    今年アンリミクラスの優勝はドレッドノートだったと思うのですが
    ちょっとあの機体は今ひとつ。
    複座でレーサーって言われてもなあ。
    最近は、奥さんとの離婚の費用で、とばせないとか、売りにだすとか、
    色々あるチームが多いようですが、何ともプライヴェートな感じがしますなあ。
    ああ、行きたいなあ、リノ。


  • ふじのん さん 投稿日:1999年09月20日(月) 11時33分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.5; Mac_PowerPC)]  
    >今年アンリミクラスの優勝はドレッドノートだったと思うのですが

    すいません。またまた訂正。
    今年の、ではなく去年の、でした。
    今年はダゴレッドが勝っていました。
    あれ?ダゴレッド初優勝?

  • みゃあ さん HomePage 投稿日:1999年09月21日(火) 03時39分
    [Mozilla/4.6 [en] (WinNT; I)]  
    ドレッドノート、優勝してもよさそうなんですけど。
    最近はストレガばっかりだったんで、ダゴレッドには快哉。
    ストレガの丈夫さとか、いかにもレーサーらしくて好きです。

    しかし、エアレースってのは、
    やっぱ、趣味でやったりとか、プライベートな部分が多分に影響しますよね。
    特に、UnLimitedは。いくらかかってるのやら。

    う〜ん、いつかリノに行きたいなぁ。