HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
やっぱりランチャはかっちょいい おかちん さん HomePage 2000年01月16日(日) 03時41分
[Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 95; DigExt)]
先程放映していたカーグラフィックTVはランチャストラトスの特集
でした。懐かしの映像がバンバン入っていて,タミヤの再販を逃した
悔しさが蘇ってきました(ToT)
動画で見るとクイックな挙動,こりゃあ難しそうな車だなあ,と思わ
ずニヤニヤしながら楽しめる30分でした。
出だしの数分を見落としたため,詳細はよく分かりませんが,何でも
ディノと兄弟車だったそうで? うぉ,気になる。
  • 黒土龍 さん HomePage 投稿日:2000年01月17日(月) 01時52分
    [Mozilla/4.7 [ja] (Macintosh; I; PPC)]  
     ストラトスはディノことフェラーリ246のV6-2.4Lエンジンを搭載していた、また両車共ミッドシップレイアウトを採用した小型・軽量の車というコンセプト上の類似点(または同じフィアットグループである)に関してそう称したまでで、実際にはエンジン以外での共通点はないと記憶しています。

     カーグラが土曜(もとい日曜)深夜に戻って来てくれて嬉しい。
    あの時間帯は個人的にゴールデンタイムなので。


  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年01月17日(月) 16時50分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    おお! なるほど,共通エンジンですか!
    ありがとうございます。合点がいきました。

    >ゴールデンタイム
     確かに,その通りですね。私も寝ていた試しがありません(^^;

  • ふじのん さん 投稿日:2000年01月18日(火) 02時51分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.5; Mac_PowerPC)]  
    いまだにどうやったらあんな風に乗れるのか分からない。
    慣れの問題なのかもしれないですが、あれに馴れようと言う気が起こらない。
    すごすぎる車でした。
    もっとも、ほとんどラリーカーそのものというバージョンでしたから、
    他のストラトスには当てはまらないとは思うのですが。

    ところで、ダブルクラッチがどうもうまく行かない。
    練習あるのみですか?

  • 三十郎 さん 投稿日:2000年01月18日(火) 09時31分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows NT; DigExt)]  
    ダブルクラッチは、多少大袈裟にやると習得が早いと思います>ふじのんさん
    あ、それと焦らないことですね。今の私の車もエンジンの回転落ちが早いので焦りたくなりますが、そこはぐっと我慢。個人的な経験のお話でした。旅行中にシンクロがいっちゃって高速道路上で必死にダブルを覚えました。その時も焦ると入らない。
    あくまで山車で習得した技術なので、乗用車にフィードバックできるかわかりませんが...。参考になればと思いまして。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年01月18日(火) 10時38分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
     私が後輩共に教え込んでいたダブルクラッチの練習法は,「ニュートラ時にクラッチを一回つないでみる」でした。例えば4速>3速なら,クラッチ切って,ギア抜いて,ここでいったんクラッチをつないで空走してみます。のんびりでOKです。そのあと空走状態から回転を合わせて3速につなぎます。慣れてくると空走に入るやいなや回転を合わせるためのアオリが出来るようになるので,気づけばダブルクラッチが踏めている,という状態になります。
     コツは1つ1つの動作を丁寧にやることです。あらゆるギアのあらゆる回転域での必要なアオリ量を丁寧に体にマッピングしていきます。速く入れることより確実に合わせられることの方が大事です。頭はアオリ量に集中していれば,操作そのものは体が覚えていくのでひとりでにスピードが上がっていきます。
     この方法で最終的には私より上手くなったやつもいますから(TT),ふじのんさんならたぶん2月もしないうちにマスター出来るかとおもいます。

    #ちなみにそいつは,教え始めてから4ヶ月後,我がジムニーの最悪なペダル配置でヒール&トゥーをかましました。私は未だに出来ません。いいなあ,でかい足。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年01月18日(火) 10時44分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    今読み返して思ったのですが,三十郎さんのおっしゃる多少大袈裟
    に,というのと,私の言ってる丁寧にってのは同義ですね(^^)
    たしかに,大袈裟っぽいです。

  • KI-CHI さん 投稿日:2000年01月18日(火) 17時44分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 95)]  
    ダブルクラッチといえば…
    フィアットの500に乗っている友人がいまして
    流れるようなダブルクラッチを踏みます。

    でも、彼の場合は必要に迫られて覚えたようです。
    1速のシンクロ無いですからねェ…

    あれっ、早く走るためのダブルクラッチの話しでしたっけ?
    失礼(^^;

  • くろつちりゅう さん 投稿日:2000年01月18日(火) 18時37分
    [Mozilla/4.04 [ja] (Win95; I ;Nav)]  
     私は14年ほど車を運転していますが、2段クラッチも踵&爪先をした事がありません。
    普段運転している限りは人様に迷惑かけない程度には走らせられるので、別に必要を感じた事もなく理屈は知っててもやった事は一度もありません。
     でもみなさんはちゃんと習得してらっしゃるようなので質問。
    一部または全くシンクロなしという車ならいざ知らず、フルシンクロの車で敢えてそれらの技術を用いるメリットとは何なのでしょう?
    それらをするとしないとではどこでどのような差になって現れてくるものなのですか?
    近場でそんな腕を持つ奴がいないんで解らんのです。
     これは私冗談抜きで真剣に伺いたい>出来る方々


  • 三十郎 さん HomePage 投稿日:2000年01月18日(火) 19時21分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98)]  
    私の場合はシンクロが飛んだので必要に迫られて。以後、エンブレを強めに効かせたいとき、シンクロの保護のために行ってます。上記シンクロ飛びの原因は60でローレンジに入れているとき発生したので、5→3とかのギアダウン時によくやります。で、レガシーはクラッチに悪癖がありましてマスターの容量の問題だと思うんですが、ダブルを多発するとペダルが上がってこなくなる(^_^;)

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年01月18日(火) 19時36分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
     実は私の場合も最初は「必要に迫られて」でした(^^;
     ジムニーは下の方のギアが離れまくっていて,シンクロにやたら時間がかかります。そのくせ,3速>2速は交差点内の右左折で必ず使うため,ギアを泣かさずに交差点をスムースに抜けるためには必須の技でした。
     そのうち,軽快に気持ちよく走るには高いギアでも使った方が便利だということに気づき,4万7000kmで涙のミッションOH(高かった)をやって以来,まじめに使うようになりました。

     とはいえ,平時の高い方のギアでは使わない場合が多いですね。その代わり,下のギアに出来るだけ早くシフトを当ててシンクロさせる時間を稼ぎ,腕力は使わず,シンクロの力だけでギアを落とします。「速くでなく,早く」とかよく言ったっけ。
     でも,ヤル気になっている時,すでに回転が高い時,4>2や5>3のようにトバして落とす時は高いギアでも手足が勝手にやってくれます。

     で,今時の車でのダブルクラッチの必要性ですね。フルシンクロの車でも,余計な振動ナシにシフトダウンするには,クラッチがミートする際,エンジン側がより高い回転になっている必要があるかと思います。シフトダウン時にアクセルを全く戻さず,クラッチを切りフルシンクロに頼ってシフト。回転数がハネ上がるので,その回転数がベストになった瞬間にクラッチミート。これがフルシンクロ車の理想のシフトダウンですが,かなり難しいです。特にクラッチとアクセルを同時に踏むのが心臓によろしくないです。ふじのんさんとこのアルファさんにしかできない芸当でしょう。すると,次善の策がダブルクラッチになるわけです。

     問題はそんなに余計な振動ナシに運転する必要があるのか,ということです。普通無いですね。それが原因でスピンするかしないかなんてシビアな状況になる前に,打っておくべき手はいくらでもありますから。まあ,雪道でのスリップ防止に役立ったりしますが,安全性を考えたらまず先にチェーンですね。
     私の場合は乏しいながら2つほど必要性があります。親父がメチャクチャ車酔いするので,家族で移動する際は必須技なのです。酔いやすい人は,減速時に体が前につんのめる感覚がすごくイヤなので,減速時の加速度は可能な限り一定にしてやる必要があります。効果大ですよ。
     あともう一つは,「やると楽しいから」ですかね,やっぱし。必要最低限のアオリでピッタリ回転が合ったとき,なんだか嬉しいのです。

     まあ,今の車で考えればダブルクラッチの必然性なんて,大人が遊ぶための言い訳に過ぎません。今の車なら,ね(^^;

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年01月18日(火) 20時42分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >フィアット500
     ちっこい車を華麗に運転する人はカッコイイですねえ。
     以前世田谷のカンクネンさんに聞いた話で,ミニを駆る女の子の
     エピソードがあります。これまた流れるようなヒール&トゥを
     繰り出し,めっちゃ速いとか。助手席が取っ払われて,そこに
     消化器が積んであるそうで。うーん,イカス*^o^*

     想像が膨らんで絵を大量生産した記憶が(^^; いっぺん会って
     みたいもんです。

  • KI-CHI さん 投稿日:2000年01月18日(火) 22時00分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 95)]  
    このF500に最初に乗ったのは、持ち主と僕と、それに
    女の子2人つんで、バーゲン会場に行ったときでした。

    みんなが、両手に抱えるほどの荷物買っちゃて…
    でも、それが全部収まっちゃたんだよね。
    当然、車内はギューギューなんだけど、みょうに楽しかったなぁ。

    いつか欲しい車ですね。


  • わはは おきかずひこ さん HomePage 投稿日:2000年01月18日(火) 23時56分
    [Mozilla/2.0 (compatible; MSIE 3.01; Windows 95)]  
    ストラトスですかー。いいですねい。子供の頃二番目に好きだったクルマです。
    先日とあるイベントでじっくり観察する機会がありましたが、これは一種の「兵器」だなと思いました。
    >ダブルクラッチ
    私もあまり使いません。クーペも例に漏れず1速ノンシンクロなのですが、上り坂での渋滞といった特別な状況でない限り2>1への切り替えは使いませんし、駆動系のレイアウトに余裕のあるクーペは他の段のシンクロは問題なく強力なので、ギヤを鳴らすことはまずありません。あとこれは私のクセなのですが、信号待ちでは早めにギヤを抜いてブレーキで止まるようにしています。スバルやフィアット500、あるいはキャロルの前期などは、シンクロが弱いのでダブルクラッチは必須のようで、同乗や運転の機会があるといつもうらやましがられます。
    ただ、3>2へ落とすのはちょっとコツが必要で、1速にカリっとあててやってから回転を合わせてエイヤと入れなければなりません。ですから発進停止のシーケンスは平地では1>2>3>4>3>N>止まるとなるわけです。
    フィアットはちょっと乗ったことがあるだけですが、パワーがあって(^_^)いいなと思いました。スタイルは大好きですし、将来ぜひとも手に入れたいと思っています。

  • ふじのん さん 投稿日:2000年01月19日(水) 02時11分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.5; Mac_PowerPC)]  
    皆様、色々ありがとうございました。
    何となく分かったのでやってみます。
    要はバスの運転手のごとくやればいいわけですね。
    素早くできるようになるのは、きちんとできてから・・・と。
    さて、必要性の話ですが、
    私もロードスターに乗っていたときは、ダブルクラッチなど使うとは思って
    いませんでした。
    ところがヨーロッパに乗ってからという物、
    3−2と落とそうとすると、ギアが入らなくなるのです。
    もちろん、ゆっくりやれば入りますよ。
    でもやっぱり気持ちよく曲がろうとすると、回転合わせて、進入したいですよね。
    そこで、ギアが蹴られて、入らなくなるというのを何度も経験した結果
    これは必須テクニックだと思ったのです。

    セレスピードは、これを実に気持ちよくやってくれるシステムで、
    なんだか、機械がやってくれていることが分かっていても、自分がうまくなった
    ような錯覚を覚えてしまいます。
    しかし、これがうまく行っている状態なんだという、好例がいつでも体験できるわけで
    目標を見失わないと言う点でも、いいシステムです。
    先日ちょっと早いんですけど、少しだけ4000まで回してみました。
    気持ちいい。
    もっと回したい。
    ほんとに150馬力前後なのかと疑いたくなります。

  • KI-CHI さん 投稿日:2000年01月19日(水) 11時40分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 95)]  
    >フィアットはちょっと乗ったことがあるだけですが、パワーがあって(^_^)
    >いいなと思いました。スタイルは大好きですし、将来ぜひとも手に入れた
    >いと思っています。

    2台車庫に並んでる絵をちょっと想像してしまいました。
    いや、微笑ましいですねぇ(^^)
    しかし、500に乗って「パワーがある」というのは、おきさんならでは
    ですね。
    たしかに、都市部で乗るには500のパワーで十分なんですよね。
    やっぱ、欲しいや(^^;

  • 三十郎 さん HomePage 投稿日:2000年01月19日(水) 12時54分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98)]  
    >たしかに、都市部で乗るには500のパワーで十分なんですよね。
    >やっぱ、欲しいや(^^;

    お気持ちは分かりますが、超7と500ではいざという時に...。

  • くろつちりゅう さん 投稿日:2000年01月19日(水) 13時53分
    [Mozilla/4.04 [ja] (Win95; I ;Nav)]  
    >ギヤ回転合せ
     なるほど、やはり「必要にかられて」ですか。
    傾向として高回転高出力あるいは絶対的に出力不足のエンジンではギヤによる減速に頼らざるを得ないかも知れませんね。
     スペック上3600rpmがリミットで常用では恐らく回しても3000rpm前後、アイドリング状態で15kg/m余りの大トルクが引き出せ、しかも全領域でほぼフラットなトルク特性という低回転高値安定トルクの「つまらない」エンジンにオーバークオリティなドライブトレインを持つ車には無用な技術なのだというのが良く解りました。

     うむ、今回もやっぱり何だかはぐれモンな私。
    うれしいような悲しいような......


  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年01月19日(水) 14時37分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >ローにシンクロ無し
     おお,クーペもそうでしたか。西風氏の「GT-Roman」で,信号で止まった時に2速を軽く舐めてからローに入れるシーンがあって,ワクワクしたことがあります。憧れて,ジムニーでやったっけ。意味無いけど。
     #で,一番好きな車ってやっぱり子供の時もクーペだったんですか?>おきさん

    >ヨーロッパ
     あ,なるほど,あの車なら必要ですね。ギア離れ気味な感じでしたし。せっかくですからシーケンシャルに変更される前に徹底的に練習してみては。案外入らないギアに愛着沸いちゃったりして(^^;

    >SeleSpeed
     うーん,ホントあれには敵いません。あらゆる状況下でやってくれるってのが凄いです。きっと高速道路の追突事故を緊急回避する時とかでも,押すだけで落ちてくれるんですよね。そんなときだとスピンを免れたりできて生死を分けるような差が出るかもしれません。
     4000常用になったら,是非ともトライさせて下さいませ(^^)
    >くろつちりゅうさん
     ホラ,今出張とかで留守にされてますが,やはり14年間二度踏み一切せずを公言されてるAさんがいるではないですか(^^; 9月のニュースにも書きましたが,彼のSJ-10で最初にヒール&トゥを踏んだのは何を隠そうこの私だったりします。

  • さん 投稿日:2000年01月21日(金) 01時02分
    [Mozilla/4.6 [ja] (Win98; I)]  
    わははははっ、14年間2度踏みせずのAです。
    かつて、免許取立てのころ、ランサーターボ乗りの先輩から仕込まれたこともあったのですが、その後2度踏みがほとんど必要ない車に乗ってしまい、今ではまったくできません。
    SJ-10もFJ56Vも1速はシンクロが入ってなかったと思いますが、両車とも2速>1速なんてシフトダウンをする必要性はまったくありません、というか1速が低すぎるので、そんなシフトダウンしたことありません。
    また不自由もしてません。
    なんだか開き直ってますな、わたし。
    ということでいっしょにはぐれましょう>黒土竜さま

    ちなみに昨晩は奥道後、今日は宇和島、明日は松山福岡経由長崎です。
    しかし南国に来たつもりが、大雪でびっくり。


  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年01月21日(金) 02時30分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 95; DigExt)]  
    おお,Aさん(^^; 表示がWin98になってますね。さては
    出張先からですか。うーん,モバイル使いこなしてますね。
    なんと,四国は雪ですか。こりゃびっくり。
    写真期待しておりまずよ。是非ともレポートを!