HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
宇宙開発スキャンダル 黒土龍 さん HomePage 2000年03月04日(土) 05時19分
[Mozilla/4.7 [ja] (Win98; I)]
 事後報告で申し訳ないのですが、今日ちょっと興味深い番組をNHK教育でやっとりました。
「人類初の宇宙飛行士はだれ」という米製作の海外ドキュメンタリー。
 タイトルからも解る通り、世界初の有人宇宙飛行に成功したのはユーリ・ガガーリンではなかったのではないか?という内容。
宇宙野朗の方々はきっと御存知なのでしょうが、いちおうかいつまんでご紹介。
 ガガーリンが宇宙に飛び立つその5ヶ月前、当時優秀なテストパイロットとして名高かったウラジミール・イリューシンが既にその偉業を成し遂げていたというのです。
ただ、地球再突入時において機体にトラブルが発生し、イリューシンは何とか生還したもののミッション自体は失敗に終わり、外部への報道は完璧な成功しか行わなかった当時のソ連はその事実をひた隠しにしていたそうです。
 それに関連して当時のソ連宇宙開発の舞台裏も紹介されていましたが、最近映画「ライトスタッフ」を観たせいもあってか、その状況は実にいたたまれないものでした。

 実はこれ裏でビデオ撮って、表では「グレートジャーニー6」を見てまして、そちらでも舞台はくしくもロシア(具体的にはシベリア地域)。
こちらでは国内外のいわゆる「シベリア送り」にされた(そのほとんどが罪もない)人々の強制労働によって造られた街道や大陸横断鉄道の話題に触れていました。
今も尚ロシアはあらゆる方面に旧ソ連当時の膨大なツケを背負っていますが、もっと早くにあの自治体組織が解体されていればここまで酷い状況にはならなかっただろうに、と思わずにはいられません。

 うっ、久しぶりになんか暗いコメントですんません。
後ろの方は独り言なんで忘れて下され>ALL


  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年03月05日(日) 02時50分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 95; DigExt)]  
    最近仕事にかまけていたのですが,なんとそんな興味深い番組を
    やっていたのですか。うーん,見たかったなあ。でも事実だとしたら
    これは重大な問題ですね。真相のところはどうなんでしょう,とても
    気になります。

    >ライトスタッフ
    ああ,いい映画ですよね。悔しいことに高校時代に友達の家で
    ビデオで見たのです。私は食い入るように見ていたのですが,
    周りの連中は宴会状態で邪魔が入りまくり,最後の方の印象が
    ぼやけてしまっています。もう一度じっくり見たい映画の
    ナンバーワンなのです。
     で,そうそう。今日新しい映画を。ってまた話題をよじると
    長くなってしまうので,続きは別スレッドにて(^^;

  • 黒土龍 さん HomePage 投稿日:2000年03月05日(日) 04時27分
    [Mozilla/4.7 [ja] (Win98; I)]  
     「公開された旧ソ連の機密文書を読んだイギリスのジャーナリストの話によると......」という又聞き情報的な表現がなされていたので眉唾臭いところもあります。
    この番組には当事者イリューシンも出演しているのですが、この件に関しては何も語らなかったそうです。
     現在彼は軍部の重要なポストにいるという事もあり、立場上そういう事を軽々しく口には出来ないのでしょう。
    ただ、その件に関して否定もしていないところをみると、根も葉もない噂という訳でもなさそうです。
    火のない所に煙は立ちませんから。

    >ライトスタッフ
     ラストに登場する銀色に輝くF-104がカッコ良く、その映像が一番強く印象に残っています(^^
     この映画を踏まえてドキュメンタリーを観て、ソ連の宇宙飛行士の選出基準や訓練内容等が米のそれと酷似していた(米が真似たのか?)というのが解って(前述のような辛いシーンもありましたが、総じて)より深く楽しめました。
    それと操縦技術に絶対の自信を持っていたベテランの空軍テストパイロット達が、外部からの制御でただ乗っているだけでいいという宇宙飛行士を卑下していたようなのですが、前述したイリューシンもやはりソ連内部はおろか世界にもその名を知られた優秀なテストパイロットであったそうで、その彼もやはり最初は宇宙飛行士になる事に対してやはり同様の感情を抱いていたというのも興味深い事でした。
     国は変われど人の心は皆同じという事でしょうかね。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年03月06日(月) 01時05分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 95; DigExt)]  
    お国柄を考えると,いろいろありそうですね。まだ始まった
    ばかりの宇宙史にもすでに埋もれたエピソードがいくつも
    あるのかと思うと想像を色々かき立てられます。

    >F-104
    うおー。そうだったのかあ。早くみなくてわ。

  • 黒土龍 さん 投稿日:2000年03月06日(月) 14時08分
    [Mozilla/4.7 [ja] (Win95; I)]  
    >F-104
     飛行機無知の私が好きな機体として上位(多分1番)に挙げるのがこのマルヨンです(^^
    極端に短い主翼、細く鋭いシルエットが矢を思わせ、いかにも「音速超えるぜ」と体言しているような機体なので<頭悪
     そのF-104が、X-1を始めとする超音速飛行実験機で得られたデータによって開発され、また急速に拡大していく宇宙開発へと予算が大量に流出した結果、不幸にしてその実験計画最期の機体になってしまったという事を、実はこの「ライトスタッフ」という映画で知りました。
     宇宙開発計画のただ中に生まれ、大きな注目を浴びる事もなかったF-104でしたが、テストフライトに赴くべく格納庫からジェットエンジンの強烈な金属音を伴ってゆっくりと姿を現す銀色に輝くF-104には悲壮感など微塵もありません。
    むしろ過去の実験機達の性能を余す所なく受継いだ誇り高い機体と言う威厳と力強さが全身にみなぎっているように見えました。
     銀でももっとくすんだ感じのイメージだったのですが、劇中のF-104は表面にバフがけでもしたかのように輝いているのです。
    まだテスト段階でしかもXシリーズの血族だったからでしょうか?
    (米国の実験機の写真等を見ると同様の処理をした物をかなり多く見かけるので)

     つい最近TVで放映したばっかりなのに、こんな話をしていたらまた観たくなってきました。
    DVDで\3800だったし、ちょうど今PCでDVD-Videoを再生すべくシステム改良中の最中なので、買っちゃおうかな......

     (ほんまもんの)宇宙ものの話題など皆無に等しい私の仲間内でも、時折話題に上がる程の作品だから、おかちんさんなら死ぬ程観てるかと思ってたのですが。
    う〜ん、意外や意外(^^;


  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年03月06日(月) 20時11分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >意外や意外
     もともとギミック大好き人間なので,ロケットそのものの仕組
    みから興味を持った変なヤツなのです。高圧な燃焼室にどうやって
    さらに高圧で燃焼材を送り込むのか不思議で不思議で。最初に
    本気で読んだ本は液体水素エンジン関連だったと思います。
    そんなわけで,妙に詳しかったりする半面,意外な大穴があっち
    こっちに空いているのです(^^;

  • しないつぐみ さん 投稿日:2000年03月07日(火) 22時01分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    ">ライトスタッフ
    うう、大分前に勧められた事が有ったけど、まだ見てなかったなあ。
    え?DVDで出てるんですか?よし買おう!!
    3800円なら、二週間もお昼ご飯のグレードを下げればどうにかなるさ!!
    >マルヨン
    NF-104ですね(ここを押して)。
    F-104の尾部に液体ロケットモーター、機首と翼端にノズルをつけたものです。
    なんで映画を見てないのに知ってるかといいますと、
    そうま竜也さんの""HEAVEN'S RUNNING""という短編漫画に登場していたのです(^^
    例によって(^^;)初出はサイバーコミックスで、
    「たおせカラオケ番長!」という単行本に収録されてますが・・・。
    絶版だろうなあ、きっと(もしそうならメディアワークスさん、再販してください)。
    あとがきによると、
    「ジェットのエアレースを描いてみたかったのと、
    映画のライト・スタッフに出てきたNF104に
    ロケットモーターとバーニアノズルがついていなかったので、
    NFってこんな機体だよってのを描いてみたかった」
    とのこと。
    たしかこの作品を読むまで、104って実はあんまり好きじゃなかったんですが、
    劇中でめっちゃくちゃ美しく描かれていて、一辺に惚れちゃった、っていう(^^;
    お話も感動的だし(TT
    "

  • 三十郎 さん HomePage 投稿日:2000年03月08日(水) 09時10分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98)]  
    全然関係ないですけど、マルヨンに纏わるお話を1つ。空自の古参パイロットによるとマルヨンでF15と模擬空戦しても勝てるそうです。『コツは機体の小ささを利用すること』だとか。加藤 寛著『操縦の秘術』より。なんかこの話を読んでマルヨンを見直してしまいました。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年03月08日(水) 21時26分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    いやー,毎月好例の頂上アタック中。うーん,今夜は徹夜か?

    >F104
     おお,ついてますねえ。怪しいノズルが(^^;
     このモーター,こんなに小さくても液体なんですか。ちょ
     っとびっくり。でも,こうして改めて見るとカッコいい
     ですね。微妙〜な胴体のカーブの加減とか。

    >DVD
     そういえば,やっぱりリージョンコードがUSのタイトルは再生
     できなかったそうです。>PS2。
     PC用の某ドライブとかの価値が何となく分かってきたような
     今日この頃です。

    >メディアワークス
     ホント,絶版物が多くてツライですね。ってまた「闇の囁き」の
     話になってしまいますが(^^;
     先日予算を計上したので,本格的な捜索の旅に出る予定です。

  • 黒土龍 さん HomePage 投稿日:2000年03月09日(木) 01時54分
    [Mozilla/4.7 [ja] (Win98; I)]  
    >NF-104A
     うーん、F-104を改造した高々度練習機だったようですね、当時の記事を読んでみると<英語読解率60%位、信頼度薄し
    純粋に実験機が多かったXシリーズとはちょっと毛色が異なりますね。
     このサイトは隅々まで見るととっても勉強になりそうです、情報ありがとうございます>しないつぐみさん
     確かに「ライトスタッフ」本編ではF-104そのもでしたね。
    でもそれは「出なかった」というより、機体自体が現存せず「出せなかった」のではないでしょうか?

    >Heavens Running
     まさかここでそんな古くてマイナーな漫画の話が出ようとは(^^;
    上で知らなさそうに書いていますが、実はその「たおせカラオケ番長!」を持ってたりして。
    (初出も持っていた気もするのですが、発掘出来ず)
     しかしながら、「ライトスタッフ」との関連についての記述を恥ずかしながら実はすっかり忘れておりました。
    歳になるとどうにも物忘れが激しくて......(^^;
     あの話はいいですよ、主人公の娘(リノ・ファンテック)が427コブラ乗り回してたりして結構豪快だったり。
    あまり好きでない人が好きになる位ですから、私のような奴が読めばF-104の地位が不動のものになってしまうのも無理からぬ事。

    >F-104でもF-15に勝てる。
     既に過去ログに移動してしまったスレッドで、ロングホイールベースでしかもFIS+硬いリアリーフリジットの割に大して強力でもないエンジンで意気地がない定評だったダットラD21で、バリバリの外道車が音を上げたコースを乗り切ってしまった方の話をしましたが、それに近いものがあると感じました。

    >DVDリージョンコード
     まさか洋画でも正規に販売されてるソフトはリージョン2でしょう。
    そうじゃなければ困ってしまう、ウチのDVD-RAMドライブはリージョン変更を5回までしか許してくれないんだから......

    >ダークウィスパー
     前述「倒せカラオケ番長!」と合わせて発掘されました。
    全(?)2巻、おーすげーしかも両方初版ときたもんだ(ついでに「からおけばんちょー」も)。
     美品が見つかるといいですね>おかちんさん

     例のように話は反れてしまいましたが、F-104の復権に貢献出来て、話題提供者は大変ご満悦(^^

  • 黒土龍 さん HomePage 投稿日:2000年03月14日(火) 04時10分
    [Mozilla/4.7 [ja] (Macintosh; I; PPC)]  
     NHK総合の深夜枠で海外ドキュメンタリーの再放送をしているようです。
    もしかすると、観られるチャンスがあるかも知れませんよ。
     ご覧になれなかった方々、日々の番組欄チェックをお忘れなく。

  • nakamu さん 投稿日:2000年03月14日(火) 22時34分
    [Mozilla/4.5 [ja] (Win98; I)]  
    >リージョンコード
    なんだかPS2でリージョンコード1のDVDを見ることが出来る裏技(?)、
    というのをちらりと聞いたんですが、本当でしょうか。
    そういうのがあったら結構でかい問題になりそうですが...。
    ガセだったらごめんなさい。(私は持ってないので未確認)

  • 三十郎 さん HomePage 投稿日:2000年03月14日(火) 22時53分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98)]  
    ソレは恐らくここを押しての事だと思います>nakamu様。PS2買いましたが弄ってません。

  • MiMoRi@TYD さん 投稿日:2000年03月14日(火) 23時34分
    [Mozilla/4.7 [ja] (Win98; I)]  
    "PS2リージョンはずし:
    それは<a href=""www.powertoday.com"">powertoday</A>でもネタになっていましたね。
    更にソニーの最初期型DVDプレイヤーだと、ふたを空けて電源オフでリージョンチェックが
    はずれるとか書いていました。私はPC用DVDドライブで鑑賞していてPS2も当分買う気が
    ないので、真偽は定かではありません。うあ、スレッドタイトルから随分離れてしまった。
    "

  • nakamu さん 投稿日:2000年03月15日(水) 00時55分
    [Mozilla/4.5 [ja] (Win98; I)]  
    >リージョンコード
    あぁ、なんだか結構広まってるんですねぇ。本当のような雰囲気もありますが...。
    とりあえずひとつ確かなのは、私にとっては関係のない話だというのが悲しイ。
    PS2の不良が落ち着いたら買ってもいいかなぁなどと思っているのですが。

    >スレッド
    タイトルに戻す試み。
    手元に「スプートニク」という筑摩書房から出ている本があるのですが、こち
    らでもガガーリン以前の疑惑が書かれています。でもやっぱり真偽は怪しい。
    実はまだ読んでいないので、あまり詳しいコメントはできません...。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年03月15日(水) 09時29分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 95; DigExt)]  
    >リージョンコード
     昨日,職場で「今日店頭で買えば間に合うな」などと話して
     盛り上がりました。うーん,やっぱり買っておくべきか。
     海外物は通販で安く買えるから便利ですよね。もちろん,
     「字幕の壁」はありますが。あと,日本でDVD化されていない
     邦画タイトルなんかも英語字幕付きでバンバンでてたりする
     ようです。テロップ切って見ればOKなので逆輸入もオツかも。

    ※しかし,ナゼこのタイミングで。ソニーの販促を狙った
     リークと見るのは穿ちすぎ?