HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
GPS欲しいかも! おかちん さん 2000年05月02日(火) 15時18分
[Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]
米大統領が太っ腹な発言をしています(ここを押して
精度10倍ですか。こりゃちょっと本気で欲しいかも。

  • 三十郎 さん HomePage 投稿日:2000年05月02日(火) 16時34分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT 5.0)]  
    え〜割と初期からのGPSユーザーとしては、D−GPS対応機で都内を走っている分にはさほど恩恵を感じません。地方とかに行くと大分違うんでしょうね。でも、最近のカーナビは物凄く良くできているので、精度が上がっても分からないかも。尤も加速センサーがないPCナビや古い機種の人には恐らく恩恵が大きいと思われます。この掲示板の性格から言ってこちらが話題のメインか...。

  • 古いのもそうですが。 おかちん さん 投稿日:2000年05月02日(火) 16時42分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    古いヤツもそうなんですが,携帯系の精度が上がるのが楽しみです。
    カシオのここを押してとか,GARMINのここを押してあたりが
    まともに使えるようになるんじゃないかと思って期待しており
    まして(^^) もちろんNavin'Youも。

  • こんなこともありました。 ESTWAR さん HomePage 投稿日:2000年05月04日(木) 23時42分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 4.01; Windows 98)]  
    "二年ほど前の話です。
    車で遠出をしたときに、目的地のホテルの住所を
    登録してカーナビに案内させていたのですが、
    ある時点から、""目的地周辺です""としか言わなくなったんです。
    で、しばらくうろうろしていたら見つかるだろうと思って、
    走ってたんですよ。
    したら、2時間走り回っても全然みつからず、
    そこいらの人に聞いてみると、
    ""ああ。それならフェリーに乗って島まで渡らないと…。""
    あの頃のカーナビは、そんな感じでした(T.T)。
    今はもうそんなことは無いですけどね。"

  • 松浦 さん 投稿日:2000年05月05日(金) 01時35分
    [Mozilla/4.7 [ja] (Macintosh; I; PPC)]  
     GPSの精度向上はそうそう喜んでもおられない話だと考えています。ここを押してに私の意見を書き込んでおきました。
     ちなみに単純に時刻情報だけを衛星から取得するだけでは、GPSの精度は上がりません。電離層による電波の伝搬速度の遅れを考慮するとか、実はソフトウエアで色々と精度向上のノウハウがあります。以前はアメリカのトリンブルの受信機が民間用でも抜群の精度を誇っていたのですが、今は日本の製品でも十分な精度を出しているようですね。
     ただしGPS受信そのもののノウハウ蓄積ではなく、ジャイロによる補正とか、地図で河と道が併走していたら道に合わせて位置表示をするようにソフトウエアを書くとか、けっこうその場しのぎの方法で見かけの精度を上げているだけのようで、少々心配です。

    松浦

  • 迂闊でした。 おかちん さん 投稿日:2000年05月05日(金) 09時35分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    費用分担ですか。迂闊。そこまで考えていなかったですm(__;m
    この場合,米国はどこに費用を求めてくるんでしょうね?
    パイオニアや松下に直接言って来るなら,Glonassや
    Galileoに乗り換えるぞ,ってカードが使えると思いますが,
    米国のことだし,日本政府に直接せびるんでしょうねえ。
    となるとやっぱし,自前の測位システムを最低限用意して
    おかないとまずいわけですね。NTTの使ってる2機をソフトの
    改変だけで機能加えたり出来ないモンでしょうかね?

    >2年前
    日進月歩ですよね。当時は車が海中を走ったり
    したモンでした(^^;

  • 黒土龍@Monolith さん 投稿日:2000年05月05日(金) 13時29分
    [Mozilla/4.7 [ja]C-NSCPCD (Win95; U)]  
     一昨日・昨日と少々くたびれが見え始めた外道な車(と人)で奥秩父方面に遠乗りをして参りました。
    こうした時のお供は今も昔も1/50,000のロードマップとコンパス。
    一般公道を使う限り近年では道路標識も充実しており、事前にマップでおおまかなルートを記憶しておけばマップはほとんど見る必要がない程です。
    コンパスも準備はしますが、己の方向感覚(通称「野生の勘」)を頼りに太陽の位置で確認するので実際にはほとんど使いません。
    脇道でもあまり複雑でなければこの勘を使って「この方角を維持すれば到達する筈」でけっこうどうにかなるものです。
     MonolithにならPCMCIAがあるし、リアルタイム表示とまではいかないまでも現在位置の把握位には使えると考えていますが、多分買ってもこの古式ゆかしい手段を使い続けると思います。
     GPSを否定も不信感を抱いている訳でもありませんが、以前出来た事が便利な道具を導入したせいで出来なくなったという経験も多々あり、そうなるのが恐いのです。
    何にしても機械化・自動化は極力最小限にと、個人的にはそう常に心がけております。

     ま〜たこういうひねくれた事をいう奴(^^;

  • おかちん さん 投稿日:2000年05月06日(土) 15時13分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    ほほう,秩父ですか。ここ数日お天気だったからよいドライブ
    だったのでは?
    >方向感覚
     私も絶頂期は怖い物知らずといった感じだったのですが,
     最近鈍りましたねえ。太陽が出ていれば問題無いけれど,
     曇ったり,夜間だったりするとてんでダメです。
     GPSを買う前にいいコンパスを買おうかしらん。

  • あいば さん 投稿日:2000年05月09日(火) 21時55分
    [Mozilla/4.6 [ja] (Win95; I)]  
    5月2日以降はまだそれほどGPSは使っていないのですが、
    体感的にはあまり変わらずといったとこでしょうか。

    >以前出来た事が便利な道具を導入したせいで出来なくなった

    わたしも昔は1回地図を見たら、脳内クリップボードに焼き付けて
    4〜5時間は走り回れたのですが、今はどうだか…。
    でも、GPSのおかげでいなかの不審な分かれ道を
    びくびくしながら進むという不安は解消されました。
    国道のバイパスかと思ってがんがん進んだら
    実はとなりの県道でした、なんつーのは、
    時間の余裕の無い時には致命的ですから。

    あと、カーナビ画面に道や川などの情報が
    全く表示されないような山ん中へ行けた時には
    「勝った!」とか思ったりして。

    >喜んでもおられない話

    どうも最近の日本人には「国家百年の計」などという考えはないようですね。
    明治期は個人の利益をなげうってでも
    「日本の将来の為」に事を成す人が多かったようですが、
    平成の世では、国も企業も国民も近視眼的な利益に
    しがみついているような気がします、わたしもですが。

    …だけども 問題は今日の雨 傘がない。

  • 三十郎 さん HomePage 投稿日:2000年05月09日(火) 22時37分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT 5.0)]  
    GPSを導入して失われた物2つ。
    1.方向感覚。意外と鈍りやすい。
    2.常に自機の位置が確認できるためか、車での移動から『旅』が消えた気がします。以前は隣町まで行くのにもワクワクした気が。

  • おかちん さん 投稿日:2000年05月09日(火) 22時40分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >5月2日以降
     同じルートを往復したら,一本の線になって表示された,とか
     喜びの声がいくつかのMLで上がっておりました。しかし,
     スクランブル信号は誤差の原因のごく一部にすぎない,という
     ことも事実のようです。Garminの国内ディーラーのひとつ
     であるライトスタッフでは過信して遭難などしないように,
     といくつかの実験を交えて注意を呼びかけています。
     (ここを押して

    >脳内クリップボード
     いやあ,始めてロングツーリングにお供した時の衝撃は
     忘れられません。一日走って,地図を見たのは数回でした。
     あの真似だけは一生出来ませんなあ。

  • あいば さん 投稿日:2000年05月11日(木) 18時42分
    [Mozilla/4.6 [ja] (Win95; I)]  
    >始めてロングツーリングにお供

    日本横断「日本海を見に行こう」ツアーでしたっけ。
    SJ10とJA71の2台で、東京から富山まで4日掛かりで(無論ぜんぶ野宿)、
    国道より県道。県道より町道、町道より林道という優先順位でルートを選び、
    太平洋と日本海の分水嶺5ヶ所など合計二十数ヶ所の峠を越えて
    (その他がけ崩れなどで断念した峠2ヶ所)、
    どしゃ降りの能登半島までいったという。
    あのときは脳内クリップボードも脳内GPSも絶好調でした。

    …もう一度やってみたいなぁ、ああいう無謀な旅。
    今度はちゃんとドアも持っていって(笑)

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年05月12日(金) 01時25分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 95; DigExt)]  
    >どしゃ降り能登
     すごかったですね。対向車のトラックが豪快に水を掻いて,
     ドアの無いSJの車内を貫通していくのを,後ろからオロオロ
     しながら見ていたのを思い出します。そういえば,雪中行軍
     からもう1年たってしまったのですね。そろそろバカの虫が
     うずうずしています。遊んで下さい(^^)