HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
自動車税,重く。 おかちん さん HomePage 2000年12月05日(火) 13時52分
[Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]
10年オーバーの車の自動車税を重くする法案が進行中だそうで(ここを押して)。
古い車は排煙をいっぱい出すから,というのが理由だそうですが,
一概にそうバッサリ切っちゃっていい物なんでしょうかね?
環境税自体はアグリーなんですが,古い車だってきちんと整備して
乗っている人たちがいるわけで,ちょっと納得行かない私です。

  • この法案の話を聞いたとき 三十郎 さん HomePage 投稿日:2000年12月05日(火) 15時38分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    真っ先におかちん殿と、あいば殿と、黒土龍さんを思い出しました。
    古い車を大事に乗るのもエコロジーだと思うのですがねぇ。
    ロサンジェルスが同じような州法を持っていて、古い車の買い換えには補助金が出ます。恐らくコレの真似なんでしょうが、日本の場合、車検の厳密運用が先だと思うんですが。
    このままでは自動車業界からのプッシュだけが理由としか思えませんよね。丁度『最近の日本における車齢平均は10.7年』とか言う発表が自工会からあったばかりですし。

  • たけぞう さん 投稿日:2000年12月05日(火) 18時41分
    [Mozilla/3.01Gold [ja] (Win95; I)]  
    私もあと10ヶ月で仲間入りです。増税は嫌ですが、納得のいく設定ならしょうがないですね。
    車検時のNOx量を基準に増税するとか…。
    ただ、これからの時代、増税は止む無しとも思います。発泡酒の方は見送られたようですが、
    どこかで増税をしないといけないんでしょうねぇ。他にもやらなければいけないことはたくさん
    あると思いますが…国を救うための寄付と考えてます。(個人的には)

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年12月06日(水) 01時25分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >車検時NOx量
     あ、これ賛成です。車検の時に測っているわけだから可能ですよね。
     私も国を救いたいとはあんまり思いたくないけど、国土を救うため
     と思えば安いもんのような気がします。

  • しきしま・ふげん さん 投稿日:2000年12月07日(木) 23時17分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt; Hotbar 2.0)]  
    どうも、お久し振りです(^^;
    ウチのセラも艦齢が10年を超えて、ああこれはめでたいねと喜んで(?)
    いたらこのニュース。悲しいですね。

    >車検時NOx量
    でもこういう方法だったら、まだ納得も出来ますよね。できれば、メーカーなり
    ショップなりで排ガス対策キットのような物でもだしてくれて、『買い替え』
    『改造』『無改造高税率』くらいの選択が出来るようになれば、と思います。





  • 松浦 さん 投稿日:2000年12月07日(木) 23時29分
    [Mozilla/5.0 (Macintosh; N; PPC; en-US; m18) Gecko/20001108 Netscape6/6.0]  
    >>国を救う

    問題は,そうやって払った税金が

    1)山奥の誰が使うか分からない温泉施設だとか体育施設とか道の駅とか――つまり「先生の忠実な集票マシン」なジモティ土建屋,多くは村会議員だったり町会議員だったり,が儲かる――に使われる

    2)使えない天下りだとか天下りだとか天下りだとかの人たちの給料に消える

    3)インパクとかインパクとかインパクとかいうわけのわからん事業に消える

    4)なんの役に立つかわからん自然破壊林道とか自然破壊堤防とか自然破壊干拓とかに自然破壊ダムとかに使われる

    で,どっかいっちゃうことなのですな。ケインズ的にはみんな役に立っているということなんだろうけれども,納得いかん。

     私としては増税の見返りとして大統領制度が欲しい,そうすりゃあ私の一票で…使途を指定して納税できるというのも可。

    修羅場屋松浦:すさんでます

    追記:私思うに営業車以外は車検もいらないよねえ。自分で点検出来ない奴はきちんと自分で頼め。それが出来ない奴は運転する資格なし。勝手に事故るがよい――ってこれは極論ですが。

     ついでに言っちゃうと衝突安全性もいらない。エアコン積む金でグレードの高いサスとブレーキをいれればすべて解決。暑くたって安全性重視なら当然でしょう――これはバイク乗りの偏見か。


  • ガソリン200円/L! あいば さん 投稿日:2000年12月08日(金) 01時02分
    [Mozilla/4.06 [ja] (Macintosh; I; PPC)]  
    わたしとしては使用中の車に規制をかけるのはあんまりよろしくないと思っています。
    それだけ自動車の買い換え需要が発生すると、その自動車を廃棄するのと新たな車を製造するためのエネルギーが必要になり、あらたな環境破壊を引き起こします。

    んじゃ、どーすればいいかつーと、
    「燃料大増税」
    これしかないと思います。
    ガソリンも軽油も売価がいまの倍くらいになるまで税金かけちゃうんです。
    すると、燃料の消費は減るんでCOx、NOxも減る、燃費の悪い車は売れなくなる&所有者も低燃費の車に買い替える、公共交通機関などの代替手段があるばあいはその交通機関にシフトする、物流もトラック輸送費が高騰するおかげで海運や鉄道輸送などエネルギー効率の高いものへシフトする、
    な〜んてことになるのでは、と。
    んで増税した分は公共交通機関の整備や環境保護方面にのみ使用するってことにすると、人にも環境にもやさしく、ドライバーに厳しくてよいかと。で、車の趣味もそれだけ高い燃料を使ってまでやるという根性のある人・車だけが残るってことで。

    今回の車齢10年以上への規制ではただ単に買い替えておしまいであり、なんら構造に変化がないんでなんだか頭悪いと思うっす。いかがでしょ。

  • たけぞう さん 投稿日:2000年12月08日(金) 06時44分
    [Mozilla/3.01Gold [ja] (Win95; I)]  
    >問題は,そうやって払った税金が…
    はい、すべておっしゃる通りだと思います。それをすべて見越した上で、徹底的に献身的に行く
    のも手かな…なんて思うのです。私流ひねくれ反発行動とでもいいましょうか…
    例えばたくさん税金納めてやれば、もう「財政赤字」なんて言い訳はできない訳ですから、
    そのときは本当に怒る(キレル)ときかと。民と国が末端の増税で小競り合いをするのはちょっと
    うんざりしてます。増税の前にやることはたくさんある、とは思いますが、今の国の借金の額をみると
    増税の前に色々やったとしてもやっぱり借金は残る。だったらどっちからやっても同じかな…なんて
    思うお人よしがいてもいいと思いません?(ToT)え?私?高額所得?とんでもないです。毎日特売
    のちらしをチェックして生活費切り詰めてます。人生きついっす。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年12月08日(金) 16時13分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    大学時代から嫌いだったんですが,税金論はいくらやっても
    答えが出なくて難しいですね。ゼミの飲み会では激論になるので
    禁止ネタでした(^^;
    日本は行政をチェックする機構が無いから税金の正しい使い方を
    議論してもそれが実現しにくいのでさらに難しいです。
    個人的には,目的税には賛成です。これが一番クリアだし,変な
    使い方しにくいですので。

    ふふふ。実は経済学部出身なのですよ。成績ひどく悪かったけど。

  • 松浦 さん 投稿日:2000年12月08日(金) 18時18分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >>日本は行政をチェックする機構が無い

     そう、司法立法行政というけれども、行政をつかさどる内閣が事実上官僚機構におんぶにだっこで、その官僚機構は選挙による国民の信任を得ていないからやりたい放題という構図がある。国民がこわくないんだもん。官僚、無敵!

     大臣は人事権があるといっても形ばかりだからねえ。やはりアメリカ流に人事権を持つ大統領府を置いて高級官僚(まあ霞ヶ関の課長以上だな)は全員選挙のたびに入れ替え、ってのがいいでしょう。大体みんなの行政なんだから、行政官庁に就職した生え抜きしか行政に携れないというのが不思議。

     アメリカを見ればわかるように大統領制度には、これはこれで弊害もあるのだけれども、それでもあのどよーんな霞ヶ関、どよよーんの虎ノ門(天下り用財団法人のパラダイス)の雰囲気が少しでもよくならば。

    ガソリン税はいいかも。
     しかし同様に目的税ともいえる高速道路通行料を役人が握ったらどうなったかといえば、道路公団というカスケード天下りシステムができて、いつまでも高速道路は無料にならなかったり、ハイウェイカードを横流しして裏金作ったり、サービスエリアへの出店が利権と化してわけのわからん天下り用関連団体がゴキブリさんゾーロゾロになったりというありさまだから。。。

     きっと今のままでこのようなガソリン税を実施したら、通産省か環境庁かで似たような体たらくとなるでしょう。

    衝突安全性

     こういう人もいるということを見つけました。ここを押して
     確かにこの事故はサスペンションやブレーキでは防げないな。

    松浦

  • 三十郎 さん HomePage 投稿日:2000年12月08日(金) 19時38分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    >道路公団というカスケード天下りシステム
    4年くらい昔、新規開通高速道路のサービスエリア(S.A.)を立ち上げたことがあります。その時の道路公団の方々は物凄いお役人振りでした。時間に遅れてくる、説明聞かずに帰る、当時の社業がサービス業だった物で、公然と遊びに連れて行けと言われる(当然顎足つきで)。S.A.内の建物(基本設計はあちら)についても、彼らの事務所が圧倒的に大きい(^^ゞ そしてS.A.の売り上げの20%の家賃。では彼らは何の仕事をしているかと言えば...?私は2ヶ月以上現地に常駐してましたが、分かりませんでした。S.A.の売り上げの上納金も、通行料も彼らの給与に消えてるんでしょうねぇ。はぁぁ
    因みに当時、現地で人集めも行いましたが、現地の方々にとっての憧れの就職先はハイウェイサービス(道路公団の下部組織)。その次が新しくできるS.A.と言うことでした。みんな知ってるんですよ。楽で儲かって、頸にも成らなきゃ、会社が倒れることもないって。

    >サービスエリアへの出店が利権と化して
    正にコレです松浦様。あれ以来この国は本格的にダメなんじゃないかと思うようになりました。
    民間企業は“出るを制す”でやってるのにお上は“摂れるところから摂る”ですからね。煙草、発泡酒、新燃料GIAX...。

  • 電波 機三郎 さん 投稿日:2000年12月09日(土) 13時24分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)]  
    >新燃料GAIAX
    先日、何気に見ていた番組で紹介されていました。
    ここを押して
    アルコール系燃料でガソリン代替燃料としてすでに市販されているようです。
    しかも、見ていた番組中に新製品の情報があったのですが、今度はガソリンのみならずディーゼル燃料の代わりになるアルコール系燃料も東京の青梅市内でテスト販売されるとのことでした。
    (ただ、白いタオルを排ガスにさらして「新燃料ではこんなに煤が出ません」というのはどうかと思いましたが。それ以外の排気に含まれる成分も問題のような…)
    原料のアルコールは現在のところはどうか分からないのですが、いずれは植物を醗酵させた物に切りかえられるということで、そうなれば大気中のCO2を固定化して出来る燃料なので「環境に優しい」エネルギー源と言えそうでした。
    東京都のディーゼル車の問題も、車両に改造を加えなくても使えるこれらの代替燃料を使えばいいような気がします。

    自分では免許を持っていないので、こうしたスレッドに参加するのもちょっと気がひけましたが、それでも古いクルマをキチンと整備して大切に走らせている人(とくに高齢の方!)にはエールを送りたくなります。
    愛着を持って使用されている道具というのは、見ていて気持ちが良いものですから。


  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年12月09日(土) 15時31分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    先日から黒土龍さんの掲示板でも話題になってるのですが、
    GAIAXにはぜひとも頑張って欲しいものです。近所のGSでも
    扱ってくれないものかなあ。絶対入れてみるのに。
    とか思いつつGAIA Energyのサイト(ここを押して)に行ってみたら
    埼玉にもいくつかありますね。ガソリンと混ぜてもダイジョブかな?

    >高齢車
    やっぱり体に馴染んだ車ってのは手放せないですね。ステアリングの
    戻り具合とか、吹け上がりのタイミングとか、シンクロの具合とか、
    乗れば乗るほど、楽しくなるのはなぜなんでしょ?
    しきしまさんとこのセラ号も10年車の仲間入りですか。おめでとう
    ございます(^^)
    電波さんもいっちょ、いかがです? 10年後が楽しいですよ(^^)


  • しきしま・ふげん さん 投稿日:2000年12月11日(月) 00時42分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt; Hotbar 2.0)]  
    >新燃料GAIAX
    調べて見たら大宮駐屯地の近くにもあるのですね。ガソリンとも
    混ぜられるらしいので一度入れてみようかと思います。
    排ガス浄化の他にも、『いいこと』が少しあるようなんで
    楽しみです。

    ■おかちんさん
    >しきしまさんとこのセラ号も10年車の仲間入りですか。
    >おめでとうございます(^^)
    ありがとうございます(^^)私が買った頃がちょうどmyセラの
    厄年だったようで、買った早々、夜鳴き、駄々っこ、疳の虫、色々
    思い出深い体験させていただきました。それにしても、車の故障
    自慢ってなんであんなに楽しいんでしょう(笑)



  • 新燃料GAIAX 三十郎 さん HomePage 投稿日:2000年12月11日(月) 08時56分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    アルコール燃料とガソリンを混ぜるのは『ガソホール』と言って、メキシコなんかで一般的な方法です。ご安心下さい。>しきしま様
    只、気がかりなのがアルコール燃料(含むガソホール)には私の知っているだけで、2つの欠点があります。
    1,ゴム、樹脂などに対する攻撃性。
    2,排ガスに含まれるホルムアルデヒド
    GAIAXはこの辺クリアしたんでしょうか。気になります。その代わりオクタン価が高いのでハイオク仕様車(又は経年変化でハイオク仕様っぽくなってしまった車)には良いかも知れません。又親水性が高いので、タンク内の水は抜けるかなと思われます。今後どうなるんでしょうね、この燃料。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年12月11日(月) 12時06分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >水抜き
     うお,しばらくやってないや! やらないと!
     最近大掃除とメンテを年末にまとめてやるクセがついてしまった
     からなあ。今年は気合い入れてやろう。
     樹脂の傷みの可能性は古い車だとちょっと心配ですねえ。

    >夜鳴き、駄々っこ、疳の虫
     今まさにモノホンがそうなりつつあります(^^;
     最初,ベルト泣きの症状が理解できず,クラッチのOHを工場に
     頼んでしまった苦い経験が。そのまま強化クラッチ道にハマって
     現在に至っております。


  • しきしま・ふげん さん 投稿日:2000年12月11日(月) 23時22分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt; Hotbar 2.0)]  
    ■三十郎様
    >アルコール燃料とガソリンを混ぜるのは『ガソホール』と言って、メキシコ
    >なんかで一般的な方法です。ご安心下さい。
    それを聞いて安心しました。ありがとうございます。そんなに特別なこと
    でもないのですね。アルコールが燃料系の汚れを落としてしまって、それが
    フュエルフィルターを詰まらせる、なんてトラブルも予想されるらしいのですが
    それはそれで、この掲示板にて御報告させていただこうかと思ってます。

    ■おかちんさん
    >>夜鳴き、駄々っこ、疳の虫
    >今まさにモノホンがそうなりつつあります(^^;
    友人からも話を聞きますけど大変なのだそうですね(^^;
    お体に気をつけてお過ごしください。冬コミも近いですし。
     





  • 松浦 さん 投稿日:2000年12月12日(火) 03時49分
    [Mozilla/5.0 (Macintosh; N; PPC; en-US; m18) Gecko/20001108 Netscape6/6.0]  
    ええい,修羅場終わらず。

    >>みんな知ってるんですよ。楽で儲かって、
    >>頸にも成らなきゃ、会社が倒れることもな
    >>いって。
     そう,最後は寄らば大樹の陰意識が問題になる。

     こんな話を書くたびに思い出すのが,もう30年以上前に読んだ松谷っみよ子「龍の子太郎」の長者さん。

     倉の壁を粟で塗り固めそれが朝日を浴びて金色に輝いていたという長者さんは,太郎の母が化身した龍の起こした洪水で,倉を追って水に入り死んでしまうのである。

     長野で田中康夫が知事になったり(彼の評価は別にして,あの保守県長野で利権の代弁者だった元副知事が負けたというのが痛快),いろいろ変化の兆しは出てきているけれども。

     ガイアックスは面白いですね。こういう時官庁は足を引っ張ることしかしないというのがどうにも。精製ガソリン輸入の時もそうだったよな。
     通産省は石油公団でとんでもない損失を出したあげく隠蔽,あろうことか堀内元通産大臣に文芸春秋誌上で告発されるという醜態をさらした官庁だから。あの損失はまだ処理が済んでいないはず。国民は忘れたと思っていたら大間違いだぜよ。

    松浦