HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
新刊出てました あいば さん 2000年12月11日(月) 00時54分
[Mozilla/4.06 [ja] (Macintosh; I; PPC)]
タニガワスキーのおかちんさん、なかなか新刊が出ない谷川史子の新刊が出てましたよ。その名も「魔法を信じるかい(1)」
そう、なんと今回の新刊は谷川史子初の1冊におさまらない長篇なのですよ!
腰巻きには「恋するハートのデンジャラスストーリー」のコピー。ページをめくるともういつもの谷川ワールド。しかもいいとこで「2巻につづく」。くーっ、じたばた。
まだお持ちでないようならすぐに書店にGO!

んで、さらにもう1冊、あさりよしとおさんの「まんがサイエンス(7)」も出てました。
相変わらずものすごい専門家が登場する学習マンガです。
とくに今回は顕微鏡、望遠鏡から始まり、あさりさんお得意のカメラの世界(口絵にあさりさんコレクションの写真付き)まで、大体小学生にレンジファインダーの仕組み教えてどうなるんだってくらい、いつものように濃い世界が展開されてます。
これもまだお持ちでないようならすぐに書店にGO!

ということでなかなかの収穫の日曜日でした。

※あさりさんだけ「さん」付けなのはすでに個人的には知り合いになったつもりだからです。
あの名著「まんがサイエンス(2)」にもサインもらっちゃったし。えっへん。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年12月11日(月) 12時14分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >タニカワ〜
    回り道して本屋に寄ってきました。うおー,久しぶりじゃあ〜。
    む? ちょっち大人っぽい絵になってきたような。なんか
    世界が広がるなあ。よしよし。
    おお? 続刊に続く? ま,まさか続きは,一年後...?
    は,早く出してくれぇぇぇ。

    >まんがサイエンス
    こっちは土曜日に手に入れておりました。ビデオの3倍録画の
    しくみはあやふやにしか知らなかったので目から鱗。
    そういえば,あさりさんはすごく熱心に取材されてましたね。
    普段はカメラをすごく大事にされてる方なのに,雨をものとも
    しないでガンガンに撮影されてましたっけ。
    そのうち蒸気機関車の回とかやってくれないかなあ。

    >二巻
    ポイント突いてますね(^^)

  • ※について はやと さん 投稿日:2000年12月11日(月) 17時29分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)]  
    本気ですかぁ。と書いてまじですかぁとよむ
    ううむ、あいば殿 侮りがたし。

  • まんがサイエンス しないつぐみ さん HomePage 投稿日:2000年12月11日(月) 17時44分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98)]  
    個人的にはアノード、グリッド、カソードの三姉妹を久々に見られてとっても嬉しいです(^ー^
    ああしかし、高校生だった頃にこの巻が出ていたらどんなに助かったことだろう(笑)。

  • 松浦 さん 投稿日:2000年12月12日(火) 04時16分
    [Mozilla/5.0 (Macintosh; N; PPC; en-US; m18) Gecko/20001108 Netscape6/6.0]  
    「谷川史子?そは何者?」と,ほとんど20年ぶりにリボンコミックス購入。そりゃそうだ,私が知っている「りぼん」は田淵由美子と陸奥A子と太刀掛秀子の時代だった。

     でも私はひねた清原なつののファンだった。彼女のりぼんコミックスはまだ実家全部あるはず。そういや「花図鑑」「ワンダフルライフ」の後,見かけないなあ。もう一人のお気に入り吉野朔美はスピリッツで読み切りを書いているのに。

     で,谷川史子,なんとも「かわいいよなあ」という感想しかもてない自分が悲しい。歳月とはそういうものか。絵も話もしっかりしていると思う。でもこれは40歳を目前にした独身男の読むマンガではない。

     自動車やバイクに乗っていると一回や二回は「死神みちまったよ」という経験をしたことがあるはず。これはそういう経験を未だしたことのない子供のためのおとぎ話だ。

     むしろ同時掲載の「マイボーイフレンド」のほうが面白かった。結局りぼん系は,同じ話を25年間繰り返していたのだな。ここまで来ると現代に神話だ。

     こんな拗ねた感想を書き込むのは,きっと「ボーイング747を創った男たち」とちゃんぽんにして読んだからに違いないそうに違いない。

     で,「まんがサイエンス」は異様なまでにシャープな著者近影に爆笑。さすが光学機器マニアの著者,いいレンズ使ってます。

    修羅場は続くよ松浦


  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年12月12日(火) 11時30分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >でもこれは40歳を目前にした...
     わはは,だからダメダメで困ってしまうのです(^^;
     読めないのは悲しいかもしれませんが,読めてしまうのは
     もっと悲しいですぞ。

    ちなみに,谷川史子の突入回廊はとても狭かったのでした。
    奇跡の突入を果たしたあと,周りを見回したら燃え尽きないで
    飛んでいるヤツがいた,という経緯からこの辺で盛り上がってる
    わけでして。(何のこっちゃ)。

    ちなみに私の突入回廊はまさにその死神のカマに自分の首かかった
    ような精神状態のときに「くじら日和」あたりから入ってます。
    このルートで突入した人,結構多いんだけどね。


  • たしかに30半ばでリボンコミックスは… あいば さん 投稿日:2000年12月12日(火) 12時56分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >でもこれは40歳を目前にした
    最近ベタなラブコメを読むと痛くて困ります。
    いつのまにか感情移入が不可能な年齢に…
    (でも読んじゃうんだけど)

    >谷川史子の突入回廊
    おかちんさんとは全く別の軌道上にいたんですが、似たような遷移軌道を取っていたらしく、ほぼ同時期に突入、地上に降り立ったら「あ、なんでここにいるの、おかちんさん?」といった具合。
    その後、なにかとタニガワスキー話題でランデブー飛行中。

    ちなみに谷川史子は初期の作品にけっこう兄妹モノのネタが多いのも特徴。
    妹属性の方、どうぞ。

  • 沈んでいたのでageます LJ20糊 さん 投稿日:2000年12月18日(月) 00時47分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 95)]  
    今日まんがサイエンスをようやく入手してきました。本屋の新刊コーナーに平積み
    されてましたが、その側に「HAL はいぱああかでみっくらぼ」なる本がありました。
    表紙も似ているし、最初はまんがサイエンスが7巻から名称変更したかと思ったのですが
    違うようなので取りあえず買ってきました。内容は、まんがサイエンスをギャグ仕立てに
    したような感じですが、一応本当のことも含まれています。もしご存じで無ければ入手
    されると宜しいかと。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年12月18日(月) 13時37分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    おお,HALの単行本が出たのですか。あのブラックなノリが大好きで。
    あれこそ“あさり節”ですよね。買わねば。

    ※最近「あずまんが大王」中毒が進行していてとうとう電撃まで
     手を出すようになってしまいました。“おとうさん”が好き。

  • わかつき さん 投稿日:2000年12月19日(火) 00時45分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)]  
    >谷川史子
    実は近年になってからハマリ始め、ちまちまと集めております。
    ああいう雰囲気は好きなので集めるのが楽しみです。
    「花とゆめ」系列をいつもは探索していたのである意味新鮮な感じ
    がしてます。

    >あずまんが大王
    そちらにも手を広げていらしたんですね。わたしもハマってしまい、
    Webアニメは見るべきか否かと悩んでいたり(笑)
    「おとうさん」もいい感じですが、「大阪」がなかなか萌えです。

  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年12月19日(火) 17時32分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    >大阪
     確かに!私も気になります(^^; ホント,オーエスって何だろう?
     ちよちゃんバス(ここを押して)が見たい!
     最近,ホント都バスが面白すぎです。


  • 夜道を照らす鼻ってどんなん!? しないつぐみ さん HomePage 投稿日:2000年12月19日(火) 20時19分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98)]  
    良い感覚してますよね、春日さん。
    でも榊(あっ、字が違うっ!!)さんが可愛いかな、とか。
    でもでもやっぱりちよちゃんかな、とか。
    ・・・すみません本命はかおりんです(おいっ!
    >>オーエス
    「オーエス 由来」で検索を掛けてみたらこんなサイト(ここを押して)が(^^;
    由来は不明らしい(ここを押して)です。
    >>HAL
    買いました。やはりあれでこそあさり作品というか(^^;
    ああいうウソのつける人になりたいです(笑

  • わーい、バカたちー 松浦 さん 投稿日:2000年12月19日(火) 22時28分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    ちよちゃんのせりふだけゴチック体だったり、細かい技が生きているマンガだと思う。先生のあだ名が「にゃも」だったり、いやあなんというかありがちありがち。

     時事ネタなしというのが、長寿を予想させる。彼女らはきちんと進学しているようだからサザエさん化はないと思うけれども。ってことはちよちゃんは来年12才で大学進学かいな。もちろん三バカトリオは浪人決定。
     予備校のロビーでもそもそ昼食のパンを食う大阪と神楽なんてのは、考えるだけでおかしい。キャラ設定の勝利!

     初期にはちょくちょく顔を出していた男子学生が最近はほとんど出てこないあたりに、俺も含めて読者層がみえるよなあ。

    松浦


  • おかちん さん HomePage 投稿日:2000年12月20日(水) 19時55分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    オーエスの語源はナゾだったんですか! 確かに字で書くとヘン
    ですよね。うーむ,奥が深いネタだったんだ。恐るべし,大阪。

    >浪人編
    容易に想像できてしまいトコロがよいですね。先生方の出番が
    減ってしまうのがちょっと寂しいですが(^^)

    ※激白。私のイチオシは榊さんです。