HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
「五月雨」命中!! おかちん さん HomePage 2001年11月09日(金) 23時20分
[Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]
ついに海上自衛隊が発進しましたね。はてさて、大事にならなければいいんですが。
でもって、今回でかけた「DD104きりさめ」についていろいろ調べてたら、過去にあいば
さんが「DD106を見た!」という話題をご提供してくれたことを思い出しました(ここを押して)。

で、ここからが本題。DD106の名前はなんだろうねえ、ということで黒土龍さんが
>「五月雨(さみだれ)」てのはいかが?
>語呂はいいけど、結局は梅雨と同義(^^;
と、書き込まれてましたよね。あちこちネットを引いて調べた結果
 DD101 むらさめ
 DD102 はるさめ
 DD103 ゆうだち
 DD104 きりさめ
 DD105 いなづま
 DD106 さみだれ <注目!
 DD107 いかづち
なんだそうです(ここを押して)。
いや〜、もうびっくり。当たってしまうとは。

よし、予言一発。「DD108は『どしゃぶり』だ!」

  • この話題 黒土龍 さん 投稿日:2001年11月11日(日) 04時27分
    [Mozilla/4.7 [ja] (Win98; I)]  
     私が当てていたという事だったのですね。
    その当てた本人内容なんかすっかり忘れて、まるで他人事のように読んでましたよ、わっはっは。


  • 何も出ませんが おかちん さん HomePage 投稿日:2001年11月11日(日) 21時12分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    おめでとうございます。冗談半分とはいえ、なかなかいいネーミング。
    しかし、7隻も造ったんですね。よほど設計が良いのか。

  • 黒土龍 さん 投稿日:2001年11月12日(月) 13時02分
    [Mozilla/4.7 [ja]C-NSCPCD (Win95; U)]  
    「あきさめ」なんてのはどうでしょう?
    「いなづま」と「いかづち」がある位ですから、こんな安易な名前もありかな、と


  • 謎が1つ。 おかちん さん HomePage 投稿日:2001年11月12日(月) 19時20分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    雨・雷なら何でもOKなんでしょうかねえ。
    だいたい、一番艦の「むらさめ」って、そもそも「雨」なのでしょうか?
    やっぱ、「妖刀ムラサメ」みたいなイメージが強いんですが(^^;

  • むらさめ 黒土龍 さん 投稿日:2001年11月12日(月) 19時40分
    [Mozilla/4.7 [ja]C-NSCPCD (Win95; U)]  
    [村雨・叢雨]:(名)ひとしきり激しく降って通り過ぎる雨。にわか雨。


  • なんと おかちん さん HomePage 投稿日:2001年11月12日(月) 23時32分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    にわか雨のことでしたか。立派な雨だったですねえ。知りませんでした(^^;
    そうですねえ、「しゅんらい(春雷)」とかもスマートでかっこいいかも。
    冬の雷はそれらしい名前がないですね。いきなり一発だけ落雷して、それも
    夏の雷の百倍以上のエネルギーがあるとか(ここを押して)。いい名前ないかなあ。

  • ちなみに「妖刀」の方は 黒土龍 さん 投稿日:2001年11月13日(火) 05時41分
    [Mozilla/4.7 [ja] (Win98; I)]  
    正しくは「ムラマサ(村正)」ですね。
    妖気が宿っていたりとか破魔の力を備えているとか持主が非業の死を遂げるなど、アホなファンタジーやRPG(そういうのも好きですが)も手伝ってその別名ばかりが先行して曲解されているようですが、室町時代の作で切れ味の鋭さが際立つ名刀なのだそうです。
    徳川の血縁(主として家康の近親)が死傷する時にはこの銘の剣が高率で絡む事が多く、家康に仇なすその因縁が「妖刀」と呼ばれるようになった所以なのだとか。

     護衛艦の名については「雨がらみの天候」「読みで4文字」という俳句っぽい縛りがあるように思えます。
    それで絞っていくと秋冬は結構少ないのです。
    そんな中で思いついたのが先の「あきさめ」という訳です。
    改めてボキャブラリーの貧困さを痛感する黒土龍でした(TT


  • こっちは間抜けさ痛感 おかちん さん 投稿日:2001年11月13日(火) 18時31分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    おおう確かに「ムラマサ」ですな。こりゃ恥ずかしい(^^;
    でも、ムラサメって刀もあったような記憶が。Googleで調べてみたところ、
    南総里見八犬伝に出てきた「村雨丸」てえのがあって、あと萩原一至氏の漫画
    「バスタード」に「ムラサメブレード」ってのが出てきてました。この辺を
    基点にファンタジー系のアイテムとして乱用されるようになり、これと混同してた
    ようです。結局は実在しない刀だったようで。がっくし。
    村正とか正宗って今で言うとファクトリーブランドみたいな感じなんですね。

    どっかのRPGの酒場で面白い話がありました。ウィザードリィで翻訳ミスがあったのが
    村雨ブレード普及に一役買ったそうです(ここを押して)。

    なんだかすっかり雑学スレッドになってきましたね(^^)
    ついでに見つけた面白いやつ。ここを押してより。
    「洗車雨」 7/6に降る雨。七夕の前日、彦星が牛車を洗う水が雨になるという言い伝えが
          あるそうです。7/7の雨という一説もあるとか。
    洗車したあとにナゼか降るあの雨とは別物のようで(^^;