HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
今こそ立ち上がって意見を言おう! あいば さん 2002年01月29日(火) 07時55分
[Mozilla/4.6 [ja] (Win98; I)]
すでにご承知の方もいらっしゃるかもしれませんが、文部科学省で「我が国の宇宙開発利用の在り方」に対する意見募集」なるものを募集しています。(ここを押して

宇宙はこれまでいくつもの夢と希望をわたしたちに見せてくれました。
そしていま、わたしたちとおなじように宇宙を見てきた方々によって新たな夢と希望の提案がなされています(日本独自の有人宇宙船構想 ここを押して)。しかもそれは決して実現性の低い空想上の絵空事ではなく、夢と現実をしっかり結びつけています。

いま、多くのひとたちは地面ばかり見て暮らしています。見上げれば空が、宇宙があるのにです。わたしたちが、この構想に賛意を示すことによって、そのひとたちに空があることを伝えようではありませんか。

まずはその第1歩として霞ヶ関の方々にわたしたちの意思を伝えましょう。宇宙から夢や希望をもらったわたしたちだからこそ、なにかにつけ空ばかり見上げてるわたしたちだからこそ言える意見があるはずです。

文部科学省の意見募集は明後日31日が〆切です。くそ重いPDFファイルを2つダウンロードしなければならなかったり、ホントに意見を聞く気があるのかどうか疑いたくなるようなページではありますが、しかし霞ヶ関の方々がわたしたちの意見を聞こうという貴重な場です。この機会を有効に生かしてわたしたちの、そして人類の夢を未来につなげましょう!

  • もうすぐ締め切り。 おかちん さん HomePage 投稿日:2002年01月29日(火) 09時18分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    31日が締め切りでしたね。私はすでにダウンロード&印刷済みです。送付を急がないと。
    ざっと斜め読みしたんですが、メールで送っても構わないみたいですね。今時いちいち
    紙に作文なんか書いてられないのでメールで送るつもりです。

    しかし、あの中間とりまとめのPDFはひどいですね。あんな大きな字は久々に見ました。
    目を動かしても文字が目に入らなくて辛い辛い。あとでテキストをぶっこ抜いて、うち
    のページに暫定アップしておこうかなあ。

  • 私からもお願いします 松浦 さん 投稿日:2002年01月29日(火) 16時11分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
     ぜひ私からもお願いします。黙っていたら霞ヶ関の思考は変わりませんので。

    >>テキストをぶっこ抜いて、うちのページに暫定アップ
     ああ、それはいいですね。是非お願いします。しかしあのpdfのダウンロードはなにを考えているのやら。要するに意見が欲しくないのだろうか。

    松浦

  • できました。 おかちん さん HomePage 投稿日:2002年01月29日(火) 20時08分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    我が国の宇宙開発利用の目標と方向性(中間とりまとめ)のテキストです>ここを押して

    段落ごとに長さがバラバラだったり、ディレクトリの構成が章ごとに違っていたりして
    テキストにしても見やすさがまったく向上しませんでした。ですんで、最低限のタグを
    打ち込んで、HTML化してあります。

    締め切りまでの暫定アップとします。さあ、みんなで書こう〜!
    31日締め切りって、なんだか夏休みの宿題みたいだなあ。

    ※質問です。
     応募用紙にある「該当個所」って何でしょうね? 「1〜4」のどれか、もしくは「全体」
     にマルをせよ、とあるのですが。中間とりまとめのテキストが4章構成になってるから、
     この章のどこに対して意見を言っているのかを印すればいいのかな?
     

  • 野尻ボードに投稿 松浦 さん HomePage 投稿日:2002年01月30日(水) 19時06分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)]  
     野尻ボードのほうに,HTML版のリンクを投稿しておきました。暫定と明記してあります。よかったかな←おかちん氏

     これで少しでも意見してくれる人が増えるように。

    松浦

  • 暫定なら許されますよね?(^^; おかちん さん HomePage 投稿日:2002年01月30日(水) 20時24分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    意見を集めたいという文部科学省の意思にそぐわない事はないとは思うのですが、
    行為そのものは明らかなる著作権違反なんで、終わったら速攻で消すつもりです。
    いっそ『暫定』(太字)くらいにしてもらってもよかったです。
    せっかく作ったんで一人でも多くの方のお役に立てれば(実は作業に1時間以上…)。
    今になって、専用の投稿フォームを作ればよかったなあ、と悔しがってます。

    しかしまあ、いつも宣伝してもらって、すいませんねえ、松浦さん。
    ホントなら自分で出て行かなくては行けないんだけど、どうにもシャイでして(^^;

  • 大丈夫 松浦 さん HomePage 投稿日:2002年01月30日(水) 20時52分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)]  
     野尻さんが投稿フォームを作ってくれましたね。

     さあ,これで意見を出そう。

    >>著作権
     公開された政府書類なので著作権フリーです。気にしなくて大丈夫。かつてインターネットがない時代には,もらった書類をそのままタイプしてずいぶんと付録として付けました←日経エアロスペースの頃の話。

     何十ページもある国際宇宙ステーション政府間協定(IGA)を,泣きながら校正したのを思い出します。なんせ法律用語だから読んでも読んでも訳ワカメ…

    松浦

  • 熟成中。 おかちん さん HomePage 投稿日:2002年01月31日(木) 01時51分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    とりあえず書き上げました。一晩寝かせてからもう一度明日読むつもり。どうせ熱に浮かれて
    恥ずかしい文体になってるだろうから(^^; こういう文章こそ、冷静な語り口が必要ですよね。

    >著作権
     そうでしたか。安心しました。サイバーポリスが「公文書偽造の罪で逮捕する!」なんて
     踏み込んできたらどうしようとか、貧困なイメージを膨らませていたのですが。ホッ。
     野尻さんがうまいフォームを作ってくれましたね。もうあとは原稿用紙2枚分の意見を
     述べるだけではないですか。さあ、皆さんもバンバン書いてくださいませぇ(^^)

  • わたしの意見はこんな感じ あいば さん 投稿日:2002年01月31日(木) 16時10分
    [Mozilla/4.6 [ja] (Win98; I)]  
    摘要記入欄:(80字)

    4章2項「宇宙開発利用促進のための先導的基幹プログラムの立ち上げ」について、宇宙
    開発事業団技術研究本部が提案した「日本独自の有人宇宙船構想」の実現を推薦する。

    意見及び理由記入欄:(800字)

    長い間、宇宙空間での有人活動はアメリカ人、ロシア人を中心とした外国人に占められて
    きた。宇宙空間からの映像なども、外国人が外国語でしゃべるものであり、われわれ日本
    人にとっては「外国の出来事」という印象が強かった。しかし最近の宇宙開発の国際協力
    の進展から、すでに日本人宇宙飛行士として数名の方々が宇宙に行かれている。彼らが宇
    宙空間から日本語で話し掛けてくる映像は、われわれ日本人にとって宇宙空間というもの
    をとても身近に感じさせるものであるとともに、日本人に大きな夢と希望を与えている。
    しかし、その一方で彼らがアメリカからスペースシャトルで打ち上げられるのを見るたび
    に、「アメリカに連れていってもらっている」ということを再認識せざるを得ない。現在
    有人宇宙飛行が可能な国はアメリカとロシアであり、各分野で高い技術力を発揮している
    わが国がこの分野では未だ一歩立ち遅れている。しかし彼らはこれまで宇宙開発に巨額の
    費用と優秀な人材を投入していたという歴史的背景があり、彼らと肩を並べるには巨額の
    費用と長い期間がかからざるを得ず、わが国の現状を考慮するとわが国独自の有人宇宙飛
    行の実現については半ば諦めにも似た考えを持っていた。
    ところが、先ごろ宇宙開発事業団の技術研究本部が発表した「日本独自の有人宇宙船構想」
    では、すでに開発済みの技術をベースにわが国独自の有人宇宙飛行が可能であると提案さ
    れている。開発期間、コスト、活用方法や汎用性など、大変実現性が高いと考えられる。
    この構想が実現した暁には、わが国の宇宙開発の経済的科学的貢献以外にも、国際的な宇
    宙開発でも大きな貢献が期待できる。そしてなによりこの構想はその目的が非常に明確で
    あり、国民の大きな共感を得られるものと思われ、わが国の国民に今まで以上に大きな夢
    と希望をもたらすことを確信する。したがってこの構想の実現を強く推薦するものである。

    的外れになってなきゃいいんだけど。

  • 送っちゃった。 おかちん さん HomePage 投稿日:2002年01月31日(木) 16時42分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000) Opera 6.0 [ja]]  
    送ってしまいました。ああ、本業で文章書くより緊張しました(^^;

    私はあえて、ふじプロジェクトの名前は出しませんでした。組織票っぽくなっちゃうのも
    アレかと思って。一見素人っぽい文章にしているところとか、卑怯臭い?

    該当個所:(4章)
    概要記入欄:(80字)
    日本の宇宙開発は世界に誇る技術を持ちながらも、国民の関心が今ひとつです。民間人をロケットに乗せることで、ロボット同様に未来を身近に感じさせる世界を見せてください。

    意見及び理由記入欄:(800字)
     もうすぐH-IIAの打ち上げです。私はメディア関係者なので、本来なら取材にも出かけたいところですが、今回も打ち上げを歯噛みしてテレビで見ることになりそうです。
     新聞やTVの「報道」ならともかく、現在の宇宙開発の内容を扱える雑誌はほとんど無いでしょう。一般人から見るとロケットや宇宙の話はそれだけ縁遠い世界なのです。
     しかしその一方で、ホンダから2足歩行のロボット「ASHIMO」が生まれた時は、あらゆる雑誌がこぞって取り上げました。我々の子供時代からの夢といえば、ロボットと並んで宇宙旅行があったはずです。それなのになぜ、こうした関心の違いが生まれるのでしょうか。
     ASHIMOが登場した時、きっとすべての人が「今日から生活の何かが変わる」と直感したでしょう。ところが今の日本の宇宙開発にはそれが感じられません。我々の何が変わるのか、ハッキリと見せて欲しいのです。
     とにかく、宇宙に人を連れて行ってください。それも一般の人を。普通の人が宇宙に行ってこそ、初めて宇宙を身近に感じられると思います。乗客はアイドルやスポーツ選手などの著名人ならさらに身近でよいでしょう。彼(彼女)が変わった服を着て行けば、ファッション誌が記事を書きます。宇宙で変わった食事をすればグルメ誌が書きます。ノートPCを宇宙船で使えばパソコン誌ですら記事を書けます。そして、一緒に打ち上げた衛星の役割は彼に説明させてください。広報リリースの1万倍の効果があるはずです。
     メディアは飽きっぽいので新しい話題をどんどん提供してください。華やかな情報が常に流れていれば、国民は日本の宇宙技術をロボット技術同様に誇りとし、若いエンジニア達の目も宇宙に向いていくでしょう。日本のロケットが月に到達する頃には、TVで「ロボットコンテスト」と同様に「ロケットコンテスト」が人気番組として放映されている筈です。

  • う〜ん あいば さん 投稿日:2002年01月31日(木) 23時12分
    [Mozilla/4.6 [ja] (Win98; I)]  
    こうやって見直すとわたしの、固すぎ(苦笑)

    しかし800字というのは案外短いものだと痛感。最初書いたら200字くらいいっちゃたのを削って削ってあそこまでもってったんだけど、さっぱりつまらない文章になっちゃいましたな。

  • 俺の声だろうか おかちん さん HomePage 投稿日:2002年02月01日(金) 00時41分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    あらためて読み返すと、自分の文章はあざとい感じがしてなんかヤです。冷めてるというか
    営利主義的というか。捻りすぎて、逆にまとまりのない終わり方にも見えちゃうし。
    何だか社内を通す企画書書いてるみたいな気分でした。反省しきり。
    あいばさんみたいに自分の思いをストレートに伝えるべきだったかなあ。

    800字って、短いですね。嫌になるほど切った貼ったして制限内に納めました。
    子供の頃、作文で原稿用紙2枚と聞くと、途方もない量に感じたモンなのですが。

  • S.MATSUの意見 松浦 さん HomePage 投稿日:2002年02月01日(金) 00時45分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)]  
     私はかなり堅くえぐぐ書きました。なんせ名前はおろか面も割れているのだから、思っていることをストレートに書くのが最上と考えたので。

    ##ついでに言えば、800字も意識していなかったりして。

    概要記入欄:
    ・総合的な官から民間への「ヒモなし援助」について明記すべきである。
    ・先導的基幹プログラムとして、宇宙開発事業団先端ミッション研究センターによる有人宇宙船構想「ふじ」を強く推薦する。

    意見及び理由記入欄:
     まず、過去の例から「意見を聞いた」ポーズだけを取るつもりではないのだな、ということを確認したい。その上で以下の通り意見を述べる。

    4.について
    「宇宙開発利用の展開」
     既存のロケット、衛星については、いかにして国家から民間への「ヒモなし援助」を行うかという段階にある。既存の護送船団体制は官からの「ヒモ」が多すぎて機能していない。いつまでたっても宇宙産業が自立できないのは、なんとかして権限と影響力をこの分野に残し、場合によっては天下り指定席を確保しようとする官の「あさましき行い」にかなりの責任があることを、官は自覚すべきであろう。総合的な官から民間への「ヒモなし援助」について明記すべきである。

    「宇宙開発利用促進のための先導的基幹プログラムの立ち上げ」
     先導的基幹プログラムとして、宇宙開発事業団先端ミッション研究センターによる有人宇宙船構想「ふじ」(ここを押して)を強く推薦する。筆者は構想検討に参加しているが、これはひいきのひき倒しではなく、それだけ集中して議論と思考を繰り返した結果と思っていただきたい。
     宇宙開発は技術開発と同等ではない。実際に使える、使いやすいシステムを民間に提供することがその本旨である。国民の間に実際に宇宙に行きたいという欲求は強い。宇宙を実利を生む場とするためにも、夢を未来に繋ぐためにも、実際に人の命を宇宙に運べる乗物を早期かつ確実に実現すべきである。そのためには技術開発を最低限に押さえたカプセル式宇宙船がベストと考える。カプセル型宇宙船は旧式に思われるが、宇宙に最適化することで高性能かつ高い拡張性を実現し、低コスト化も実現する。10年で実現できる意味も大きい。再利用の機体を20年かけて開発するとして、それではガガーリンからシャトルまでもに相当する時間を、赤子が成人するほどの時間を、実際の宇宙に行くことなく過ごすつもりだろうか。
     絵に描いた餅は要らない。実際に食える餅、それも美味な餅こそが民間の欲するものである。その餅をどう料理するかは官が考えることではない。民間の仕事である。10年で開発可能な最大限に美味な餅として「ふじ」構想を強く推すものである。


  • おお、エグい(^^; おかちん さん HomePage 投稿日:2002年02月01日(金) 02時04分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; DigExt)]  
    すごいですね。いきなりコーナーに追い込んで、ストレート2発って感じ(^^;
    3通集めただけでもこれだけ違うんですね。全部読む人、大変そうです。
    公開の予定あり、とありますが、自分たちに都合のいいものだけ公開されたらたまりませんね。
    やるなら、全文やれってもんだ。