HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
またまた ふじのん さん 2002年02月14日(木) 10時50分
[Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)]
パソコンのことで難儀しています。
しくしく。
XPマシンの不調に業を煮やして再セットアップを試みたところ
起動できなくなってしまいました。
NECの文字が出た後に真っ暗な画面に点滅するカーソルが一つ。
後は何も起こらず。
再び再セットアップを試みますが、F8キーを押しても反応しません。
もう修理に持ち込むしか無いのでしょうか。
サポートセンターではそう言っていましたが・・・
どうもあのお兄ちゃんの言いぶりが信用できない・・・。

  • ありゃりゃん。 おかちん さん HomePage 投稿日:2002年02月14日(木) 11時07分
    [Opera/6.0 (Windows 2000; U) [ja]]  
    点滅するカーソルってのは、Windowsのブート時に出るアレですかね。だとしたら、
    ハード的な不調ではないので、リカバリーCD-ROMか何かを使えば復旧はできそうな
    気がするんですが。でもF8で反応しないってのは全くブートしてないような…。

    PCって、ノート型でしょうか?デスクトップ型だったら、メーカー製PCでもFlashROMクリアが
    できるかもしれません。コンセント抜いて、ケース開けて、基板上にある水銀電池を外して待つこと
    15秒ほど。軽微なハードの不調はこれで直っちゃう場合があるんですが。

  • 結果発表!! ふじのん さん 投稿日:2002年02月14日(木) 13時26分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)]  
    水銀電池を何とかはずしたはいいのですが
    その電池が、ハードディスクの裏の方に!!
    振ったり回したり、格闘10分。
    ようやく電池の取り出しに成功!!
    そして起動スイッチを入れる!!!
    失敗!!!!!
    駄目でした(T_T)
    お店に持っていくです。

  • Biosかも 三十郎 さん HomePage 投稿日:2002年02月14日(木) 15時26分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    もしも店に持って行く前なら、もう1回起動してみて貰えませんか?
    NECの文字が出ている最中にF2キー(だったと思うのですが)を押してみて下さい
    (会社にあるNXではF2でしたが、画面右下にsetup=F**とか出ていたらそれに従って下さい)。
    もしBiosメニューになればまだ可能性はあります。そこで工場出荷時に戻ると言う設定
    (“default setting”とか何とか書いてある筈です)を選択できたらEscキーでセッティング画面を
    抜けて下さい。save and exitとか書いてあるそれです。旨く行けばBiosの再読込が可能な場合もあります。
    それからNECのWebサイトでBiosを見て下さい。たまに出荷直後なのにバージョンがあがってることがあります。

    でも何となくHDDのブートセクタが転けたっぽい感じですね。起動ディスクを入れてもウンともスンとも言わなければそっちです。
    この場合部品交換ですので、何とも…

  • 申し訳ない(TT) おかちん さん HomePage 投稿日:2002年02月14日(木) 15時26分
    [Opera/6.0 (Windows 2000; U) [ja]]  
    すいません、お手間を取らせただけでしたm(_ _;m
    うーん、悔しいなあ。ブートしてないのかなあ。
    修理センターの報告、私も是非お待ちしております(TT)

  • 既に手後れ? 黒土龍 さん 投稿日:2002年02月14日(木) 17時23分
    [Mozilla/4.7 [ja]C-NSCPCD (Win95; U)]  
     うーん書いてるうちに本職三十郎さんのナイス助言に先を越されてしまいましたが、せっかく書いたから上げときます。

    >SRAMフラッシュ
     そんないきなり荒技を......(^^;>おかちんさん

     それよりまずすべき事は、こうしたネタで私が発言する時の対処法はいつも同じですが「まずDOSを立ち上げてみる」事です。
    とはいえ後生大事にDOSのパッケージ持ってる人間なんて少数派でしょうから、その場合Win9xで生成出来る「起動ディスク」で代用出来ます。
    経験上低レベルなOSを起動させてみるというのが、PCの問題箇所をまずは大雑把に特定するのに最も有効な手段です。
     例えWinXPが動いていようとも、基本アーキテクチャはDOS時代のPC-AT互換機ですから(ちと乱暴ないい方ですが)、フロッピーディスクからDOSは立ち上がる筈です。
    DOSが立ち上がらなければハードウエア(BIOS)に何らかの問題があるのでメーカー修理、またその逆であればHDD(あるいはその記録内容)に問題があるので再インストール(リカバリー)で対処可能と判断出来ます。
     また、ウチのサイトにあった書込みの受け売りなのですが、CDブートによるリカバリが効かない場合には、XP用フロッピーブートディスク作成プログラムがMSからダウンロード出来ます。(ここを押して)
    ただこれは単品パッケージ売りのXPにしか効かない技ですから適用出来ない可能性高いですが、いちおう念の為。


  • 私見ですが 三十郎 さん HomePage 投稿日:2002年02月14日(木) 18時44分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    黒土龍さんの仰る
    >経験上低レベルなOSを起動させてみるというのが、PCの問題箇所をまずは大雑把に特定するのに最も有効な手段です。
    これは私も同意します。今のところ一番使い勝手の良いのはWin98SEの起動ディスクですね。
    アレだと大半のCD−ROMドライブがDos上から読めてしまう。これだけでも随分楽です。
    もしお手元にWin98SEのPCがあるのでしたら、起動ディスクを作って置いて、何処かへ保管しておくのは
    保険としては悪い方法じゃありませんよね。ただしSEに限りますけど(無印98よりドライバが豊富)。

    >もう修理に持ち込むしか無いのでしょうか。
    >サポートセンターではそう言っていましたが・・・
    こういう仕事をしていると、普通の人のトラブル説明より『良いから送って下さい』の一言で済ませてしまった方が早い、
    と言う結論になりがちです(自分もそうです)。実際ハードウェアトラブルは決して少ない発生率というわけではありませんし。
    我が社ではSO−TECがぶっちぎりで高打率(阪神の勝率より高い)でしたが、Compaqも
    アベレージヒッター並みの打率で初期不良を抱えてました。恐らく他社もそんな物でしょう。
    故に起動しないとか、画面が出ないとかのトラブルはサポセン送りにしてしまってるんじゃないでしょうか。
    ゲートウェーを例に取るまでもなく電話サポートの良い会社って軒並み低収益か撤退ですから。
    経営側としては『不良品発生率を押さえる』よりも『金にならないサポセンを減らす』方が重要なんでしょうね。

  • 猛省中(^^; おかちん さん HomePage 投稿日:2002年02月14日(木) 21時37分
    [Opera/6.0 (Windows 2000; U) [ja]]  
    うう、すいませんでした。キーボードが効かない、という話だったからひょっとして、
    と思いまして(実は先日体験済み)。
    最近のXPプリインストールのマシンだと、ブートFDが付いてない可能性もあるかな、とか
    やや思い込みがあったかも。うう、やはりもう少し情報を集めてから対応すべきでした。

    >98SEの起動ディスク
     あ、確かにそうですね。自宅は未だに98SEなんですが、使い続けてる理由は何を隠そう、
     それだったりします。スワップディスク切って丸ごと引っ越しができる最後のOSでも
     ありましたね。お、やば。すでに昔話モードか?

  • ありがとうございました ふじのん さん 投稿日:2002年02月15日(金) 01時32分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)]  
    結局持って行っちゃいました。重かった。ついでに持っていく途中でCD-ROMドライブの
    ふたまで壊しちゃいました。もっともこれは保証に入っていたのでなおしてもらえますけど。
    実はBIOSをデフォルトに戻す作業はやってみたのです。F2は利いたので。
    でも駄目でした。
    >ブートFD ついていませんでした。
    >98SE 2000でした。
    八方ふさがり。
    しくしく
    ハードトラブルかもしれません。
    どうも最初から動きの怪しいやつだったし。
    売り場にあったVAIOを買って帰りたくなりました。
    まあVAIOでも壊れるときは同じですが。

  • 知らなかった 三十郎 さん HomePage 投稿日:2002年02月15日(金) 08時40分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    XPプリインストのPCって起動ディスク無いんですか。考えてみればW2Kもmake FDコマンドしないと作れないから
    同系列のXPもそうですね。メーカー品なら最初から付けておいてくれれば楽なのに…。
    上の方で例に挙げたNECのNXですが、Win95のくせに起動ディスクが4枚も付いてきました
    (と言うかそれないとセットアップできない設計になってる)。楽と言えば楽ですが、300台以上の
    PCの面倒を見なくちゃいけないこっちとしてはそう言う仕様は願い下げなんですけどね。

    Win98SEの起動ディスクは、それでもって起動して95をインストールしたりとか、ディスクのチェックの為だけに
    使ったりとか、かなり色々出来てありがたいです。これなくては現体制の維持は難しいと言うくらい重宝してます。

    >売り場にあったVAIOを買って帰りたくなりました。
    >まあVAIOでも壊れるときは同じですが。
    お気持ちはよぉっく分かりますです。でも壊れると本当に只の“マグネシウムの箱”となります。そのときのむなしさと言ったら…

  • スミソニアン=ARMY さん HomePage 投稿日:2002年02月15日(金) 10時42分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]  
    前の書きこみでも三十郎さんが書かれていましたが、ゲートウェイのサポートは本当にちゃんとやってくれているので、技術のない私には本当に助かるものでした。
    撤退してはいるものの、今年に入ってもまだサポートはちゃんとやってくれているので撤退は本当に残念と言うばかりです。次もゲートウェイにしても良いかと考えていたので。
    サポートセンターといえばここを押して
    こちらでいろいろと読んでいたりしますが、おかげでトラブったときいろいろと考えるようになっていたり。

  • パソコンって ふじのん さん 投稿日:2002年02月15日(金) 17時05分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)]  
    説明書通りにやっても、その通りにならないことがありますよね。
    多分みんなそこで混乱してしまうのだと思うのです。
    まだ、多少の車いじりなどをしていれば、自分でも解決策を探そうとするでしょうけど
    基本的にパソコンを家電だと思っている上に、メンテナンスフリーの状況に慣れてしまって
    いるユーザーにはもはやパニックでしょう。
    しかも同じパソコンであったはずなのに、OSがどんどん書き変わって
    過去に覚えたことが使えなくなっていたり。
    そう言う物だからこそ、パソコンは進化する物であり
    そして以前に比べれば、格段にトラブルは起きにくくなっているにもかかわらず
    人々は少しずつパソコンがイヤになっているのかもしれません。
    もうついていけません。あるいは
    もうだまされないぞ。と。
    家庭に浸透するにはパソコンはまだまだ変革の最中にいるように思えます。
    むしろよくぞこんな物が世間に浸透したなあと感心してしまうぐらいです。
    三十朗さんが苦労するのも無理からぬことかと。

  • 手後れだったですか 黒土龍 さん 投稿日:2002年02月15日(金) 19時54分
    [Mozilla/4.7 [ja]C-NSCPCD (Win95; U)]  
     それは残念。
    ハードウエアの問題にしても、コネクタの抜けとか接触不良とか意外に単純なトラブルだった可能性もあったかも知れませんね。

    >ユーザーサポート
     私の持ってる電算機は買った時には既に保証期間なんかとっくに切れてる(またはそんなものははなからないに等しい)物ばかりで、基本的に自力で解決というパターンが多くあんまりお世話になった事がありません。
    修理らしい修理といえば、以前MonolithことPalmTopPC110の液晶が割れてしまった時にIBMに依頼した事がある位です。
    とっくの昔に生産中止され、しかもユーザー登録なんかも当然のようにしていなかった素性も定かでない本体でも、きちんと修理に応じてくれました。
     しかもそうした修理となると販売店やサービスセンターに持ち込めというメーカーが多い中、IBMは宅配便による自宅引取り・配送サービスというのがあります。
    しかも専用の梱包箱まで持ってやって来るので剥き出しでもOKという用意周到ぶりには「さすがはIBM、そこらの家電メーカーとは訳が違う」と関心してしまいました。
    もちろんタダという訳ではありませんが、時間指定もできますし便利なサービスです。
     余談ですが、引取りに来た運ちゃんにMonolithを渡したら「え?こんなちっちゃいんですか」と驚かれてしまいました。
    持ってきた梱包箱の入れてみると明けられた四角い枠がMonolithの倍以上あって見事にスッカスカ(^^;
    そんな状態でもきちんと固定できる仕組みになっていたのがそれもまた驚きでした。

    >パソコンって
     「永遠の過渡期」といわれる業界ですからねぇ、最新技術を常に追っていこうとすると個人レベルでは限界がありますよ、精神的にも金銭的にも。
    ですがそれを無理して追い駈けていく必要はないんじゃないかと思います。
    私は比較的新しいスペックのPCも持っていますけど、DOSやWin95ベースの電算機も日常的に使っています。
     電算機に限らずどんな道具でも、まず「自分は何がやりたいのか、これはそれを実現出来るのか」そんな意識を常に持つのが大事だと私は思います。
    その目的を不遜なく遂行出来る限りいくら古くてもその道具は立派な「現役」ですし、またそれが出来なくなった時が新たな道具へと替えるべき時なのではないでしょうか。