HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
ただいま、スケルトン おかちん さん HomePage 2002年02月21日(木) 01時19分
[Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)]
冬季オリンピックで現在スケルトンをやってます。いやはや、とんでもない競技だ。
時速130km近くでアゴを擦りながらカッ飛ぶ乗り物って、他には無いですよね。
一見の価値ありです。間に合えば是非。

  • ソルトレイクで一番期待していた競技です 三十郎 さん HomePage 投稿日:2002年02月21日(木) 08時23分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    何でも日本の越選手は2年くらい前にワールドカップで優勝(2位だったかも)して以来、外国メーカーに警戒され
    橇を売って貰えなくなったそうです。そのため為、鉄工所に今までの橇を持ち込み改良して貰っていたそうです。
    『これで優勝でもしたらプロジェクトXだなぁ』なんて呑気に期待していたんですが、結果は7位。むぅ、残念

  • 7位でしたね 松浦 さん HomePage 投稿日:2002年02月21日(木) 09時51分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)]  
     世界でもっとも恐ろしい競技って奴ですね。なんかそれだけでわくわくしてしまう。

     今回はまったくといっていい位五輪のテレビ中継を見ていないのですが、これだけは見てしまいました。わくわく。

     知り合いのスピード狂が長野五輪の時「ボブスレーに乗る!」と大騒ぎして、ついに日本ボブスレー協会なるものまで発見し、長野に乗りにいっていましたが、彼女(そう、女性なんです)ならこのスケルトンもやりたがるんじゃないだろうか。

     これ、ローラースケートのような車輪をつけて普通の山道でやるという競技もありますよね。ディスカバリーチャンネルで見ました。私がやったら映画「グレイストーク」のグレイストークじいちゃんになってしまうでしょう(酔っぱらって階段の手すりを滑り降り、頭打って死んでしまう)。

    松浦

  • それなら ふじのん さん 投稿日:2002年02月21日(木) 10時08分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)]  
    この間さたっぱちでやってた
    全身ローラースーツがお薦めです。
    手足おなか背中にローラーが大量に装備されており
    どんなポーズでも滑ることが出来る。
    アレがスケルトンのポーズで滑り降りてきたら
    さぞ気持ち悪いことでしょう。
    さらに韓国で売ってるジャンピングシューズ。
    もちろんドクター○松のとは違います。
    激しくジャンプできます。
    でもあれ、以前にロシアで作られた物とよく似ているような。
    関係あるのかなあ。

  • ソリ国産化と似たエピソード 黒土龍 さん HomePage 投稿日:2002年02月21日(木) 13時00分
    [Mozilla/4.7 [ja]C-NSCPCD (Win95; U)]  
     スピードスケート競技では今やすっかり定着したスラップスケート(ブレードのかかと部が外れるスケート靴)も確か長野辺りから設計・製作が純国産化されたと記憶しています。
    もっともこちらの場合は外国人との体力差を埋めるには同じ靴を使ったのでは駄目だという事で、機構部の精度向上と徹底した軽量化が計られた「新兵器」でしたが。

     やや期間を置いて、次は同地で冬季パラリンピックが開催されます。
    夏冬関係なく、彼らのそれぞれ異なる肉体的ハンディを補う様々な器具はまさしく「身体の一部」であり、健常者の使うそれ以上に高い技術と信頼性が要求されます。
    いつもオリンピックほど大きく取り上げられないのですが(長野は例外)、技術面での見所はオリンピックの比ではありませんし、なにより「人と道具のいい関係」をこの大会では存分に見る事が出来るのがうれしいですね。


  • おまけでこりゃすごい!! 黒土龍 さん HomePage 投稿日:2002年02月21日(木) 16時57分
    [Mozilla/4.7 [ja]C-NSCPCD (Win95; U)]  
     スキー男子10kmフリースタイルクロスカントリーで同着で二人銀メダルが輝いたという話題を記事がHotWiredに掲載されていました。
    何と秒間2000回ゴールラインを連続撮影可能な最新鋭のデジタルビデオカメラによる写真判定をもってしても、その差を確認出来なかったというのですから驚きです。
    記事本文はここを押して


  • いやあ、カッコよかった! おかちん さん HomePage 投稿日:2002年02月21日(木) 18時15分
    [Opera/6.0 (Windows 2000; U) [ja]]  
    今朝が早起きだったので昨晩は最後まで観られませんでしたが、日本はギリギリ入賞した
    ようですね。越さんでしたっけ。報道だと8位みたいですね。
    ここを押してにルール解説がありました。動画が楽しいです(^^;
    ボブスレーの男子4人乗りが週末にありますね。これまた楽しみ。
    何故か、カッ飛び系だけは好きな私。スーパー大回転を見落としたのが痛いです。あれだけ
    ライブでやらないんだもんなあ。

    >長野と国産技術
     そういえば、長野の時の高速リンク造りの話は結構感激したい記憶が。純水から作った氷を
     ハニカム状に手で敷き詰めたんですよね。ううむ、まさに日本人のなせる技。

  • ちょっと悲しい おかちん さん HomePage 投稿日:2002年03月05日(火) 12時46分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.0)]  
    今月号のポピュラーサイエンスに今回記録を塗り替えまくったユタのスケートリンクの
    設備に関する特集記事がありました。10cmおきに走る食塩水パイプをコンピュータで
    ポンプ駆動して0.05度単位の温度管理したり、合計で19.5mmしかない20層の薄氷の積層
    技術とか、読んでて面白かったです。設計者が28歳ってのもすごい。
    そうか、もう長野にはなんの世界記録も残ってないのか。ちょっと悲しいなあ。