HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
2月末で高額ハイカ販売打ち切り 松浦 さん 2003年01月21日(火) 12時56分
[Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC; en-US; rv:1.0.1) Gecko/20020826]
ここを押して

 むう、つまりあのバカ高いETC装置を買えってか。バイクはどうせいってのか。貧乏人は5万円ハイカの8000円割引の恩恵を受けるなってか。

 ふざけんじゃねえ、と腹をたてかけて、ふっと考えてみる。

 そもそも5万円ハイカに8000円もの割り増しをつけたのはなぜだ?要は道路公団が勝手に増刷できる準通貨として裏金作りに使うためだったんじゃないかとか、カード読みとり装置あたりになんか利権を作っていたんじゃないかとか、勘ぐれば勘ぐるほどに色々ありそうで、気にいらんなあ。

 どうしよう。期限ぎりぎりに5万円ハイカを買っておくべきか。それともそういう行為も国交省に踊らされてるということなるのかなあ。

松浦

  • ああ ふじのん さん 投稿日:2003年01月21日(火) 13時18分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90; istb 644)]  
    うちもついにETC導入に踏み切りましたが
    50000円ハイカ廃止とは悲しいことです。
    バイクにはETCつけられないし。つけようと思えばつけられるだろうけど
    きっとセンサーがバイクだって判断できないだろうし。
    その辺何とか出来ないんでしょうかねえ。
    所詮少数派のバイク乗りは、ちょっとぐらい手間を惜しむなと言うことでしょうか。

    私はとりあえず50000円をちょっと買いだめしておきます。
    むしろETCに換えてやろうという意図に反することになりそうだから。

  • あの公団って おかちん さん HomePage 投稿日:2003年01月21日(火) 22時08分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; T312461)]  
    前に料金所の脇に「旧ハイカ使えません」って平然と書いてありましたけど、
    「5万円ハイカ使えません」なんてことになりませんかね?ちと心配です。

    一番彼らに対して効くのは、高速に乗らないことじゃないかと。

  • うぬぬ・・・・・ スミソニアン=ARMY さん HomePage 投稿日:2003年01月22日(水) 00時21分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    めったに高速を使わないのに、たまの遠出には強い味方だったのに・・・
    大阪近辺で使う場合は阪神高速の回数券にしてしまうというのが手と考えたりもしていますが、やはり下道で地道な運転を心がけるしかないのか。でもオオサカ基地に移動する場合は時間が悪いと大渋滞に巻き込まれるしなぁ。

    ちなみに、ここ最近はうちの親は高松との往復に高速道路を使用していたのですが、今年にフェリーを久々に使用した結果、楽さと高速代ガソリン代等を考えてフェリーの使用に戻ることにするとか。
    こうすれば我が家の高速道路での出費は相当抑えられることに。

  • とむ さん HomePage 投稿日:2003年01月22日(水) 01時25分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    私は北海道なんで、高速走っても下は走っても東京と逆の意味で同じなんですが、
    というより、家のバイクは高速に侵入できませんが。。


    今時ゲーム機だって、旧データに互換もたせるのだから、
    そのくらい融通利かせて欲しいですね〜。

    その割り切りのよさで、職員整理をしてみて欲しいもんです。
    使う、使わせるにかけては天才ですね。。。

  • ずるいなぁ あいば さん 投稿日:2003年01月22日(水) 12時58分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows NT 5.0)]  
    ETCへの切り替えを狙ってるのが見え見え。
    いわゆる法人顧客のETC導入が進んでないところを、高額ハイカ切捨てで否応なく導入せよというところでしょうか。
    わたしも年間5万円くらい使ってますんで、この際10万円分くらい買いだめておこうかしら。
    車いっぱい持ってても乗る人間はひとりなんで1台ごとに装置がいるETCは使いにくいんだよなぁ。オープンのジムニーなんかだと耐久性や防犯にも問題がありそうだし。

    …でも、いつぞやのNTTみたいにそのうち高額カードそのものの使用を受け付けなくしちゃうのかな。

  • ふと思うんですが、 TOM さん HomePage 投稿日:2003年01月23日(木) 14時06分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.0.3705)]  
    こういうこと書くと、きっと、管轄がちがうのよね・・と扇さんは言いそうですが、

    この方面は将来的には携帯電話が担うべきではなかろうか。。。と一人思うんですが、
    どうなんでしょう。(汗

    仮にそうなったら、ETC事業の方針ってどうなるんでしょうね・・・。

  • 美しいですね。 おかちん さん 投稿日:2003年01月23日(木) 14時19分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    確かに携帯電話だったら一人一台だし、バイクで通っても、車で通っても課金できますね。
    携帯電話の電池が切れててガードに衝突とか、同乗者全員が課金されたりとか、
    課題はのこりますが、あのバカ高い装置を買わなくて済むなら…。

    ETCは台湾製とか中国製とかで安いの作って欲しいです。まあ、あの機械のコストの8割は
    利権だろうし、無理なのは分かってるんですけど。でも中国製なら当然課金も…(^^;

  • 先日の扇さんのコメント 三十郎 さん 投稿日:2003年01月24日(金) 08時38分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 1.0.3705)]  
    『今月は1回呑みに行くのを減らしてETCを付けて欲しい』
    議員さん達は1回の飲み代を3万から4万で計算してるんですなぁ。そんなこと言われたら、意地でも付けたくないです。
    と言うのは半ば冗談ですが、数年前新婚旅行で豪州へ行った際にもETCは有りました。バー無しのゲートをくぐると
    課金されると言う、物凄く簡単で金の掛かってないシステム(その代わり、全車両にほぼ強制的にシステムが組み込まれているらしいです)。
    アレで良いんだと思うのですが。今の日本のETCはどう考えても利権目的としか考えられないし、
    システムとしても複雑すぎて美しくありません。バイクが利用できないのは本末転倒だし。

  • 太陽と北風? LJ20糊 さん 投稿日:2003年01月25日(土) 00時13分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95)]  
    ETC、本気で普及させたかったら本体なんて無料で配ればいいんですよねえ。
    携帯電話のように、タダで配っても使用料で元を取ればいいのに、スケベ根性だして
    本体で儲けようとするから。あとは利用した回数/金額に応じて割引するとか。
    まあ利権と縄張りしか頭にない人たちの考える事ですから。

    >ハイカ
    ウチは職業柄、別納カードなる物を使ってます。月毎に集計して後払いします。
    利用金額に応じて割引があり、最大で30%も割り引く所があります(加入する
    組合によって違います)ただ、原則として法人じゃないと加入出来ないみたいですね。

  • 怒り再沸騰 おかちん さん HomePage 投稿日:2003年01月27日(月) 16時29分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    なんと、あと1年で「使うことすら」できなるなるそうです>ここを押して
    いくらなんでもこりゃ酷すぎ。

    >別納カード
     いいですね。みんなで法人か組合を作りますか。「ロード組合」とか(^^;

  • 別納カード 三十郎 さん 投稿日:2003年01月30日(木) 12時31分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)]  
    魅力的なんですが、使う為には毎月1万円以上の使用が条件みたいです。
    ここを押して
    一回会社で使えないか調べたんですが、とてもとても…。

  • 高っ! おかちん さん HomePage 投稿日:2003年01月30日(木) 15時41分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    うわ、毎月1万円ですか。ご無体な。会員が20人くらいいないと回らないですね。
    難しいかあ、やっぱし。

    でも最近、高速を使う機会が増えてます。子連れで出かけられるようになったけど、
    子供が飽きる前に移動しないといけないので、全線高速ってこともしょっちゅう。
    あー、やっぱ3万円のハイカくらいは買っておこうかなあ。

  • かくも素晴らしき新世界? 松浦 さん 投稿日:2003年01月30日(木) 23時34分
    [Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC; en-US; rv:1.0.1) Gecko/20020826]  
     3万円と5万円のカードは来年の3月で使用停止。で、残額はETCに振り変えることができる――というわけで、うっかり買いすぎてしまうといやでもETCのシステムを容れなくてはならないという、ほとんどアリジゴクなみの仕組みになっています。

     ここで注意しなくてはならないのは、ETCの前払いで割引を受けようとすると個人情報を登録しなければならないということ。
    ここを押して

     つまり完全に支払い段階で個人の行動を把握することが可能になるのです。現在でもNシステムで我々は管理されていますが、それが二重になる。さらにいえば道路公団の天下り共が自動車利用者の名簿情報をごっそり抱えることになる。
     
     さらに、あまり報道されないうちにどんどん実態が進んでいますが、ナンバープレートのICカード化もどんどん進んでいます。今年度からフィールド実験が始まります。

     ここを押して

    ここを押して

     で、これまたあまり皆気が付いていないようだけれども2004年度から運転免許証のICカード化というのもいつのまにか決まっている。
     
    ここを押して

     さて、これにJRのSuicaを加えれば、特定の個人の移動情報をほぼ完全に公的機関が把握できることになります。

     Iカード化は、住民登録や健康保険証にまで及んでいますから、一回犯罪者と認定されると通院・病歴から行動まで監視されることになる。さらにこれに携帯電話、さらにGPSを組み合わせると個人の来歴から行動までのすべてを政府が押さえることが可能になります。

     明らかに官僚は、電子政府という政治家のあせりに乗じて、電子化を表に立てつつ、政府による情報管理を紛れ込ませてきているわけです。
     
     これらの問題の根本は、特定の個人を「その人である」と認証するためにはどうしたらいいのかという認証問題にあります。レンズマンですね。でも現実にはアリシアのレンズはない。代わりに政府の発行する各種ICカードと、携帯電話が生活に入ってくるわけで。
     認証の問題は、人間が社会を作ってからずっと存在してきた問題ですから、逃げられません。

     この件について、最近中央公論などでせっせとICカード問題をあつかっているライターのM氏と話し合ったことがあるのです、彼は「どうせ官僚は縦割りで情報を集めていますから個々のカード情報が連携するなんてことできませんよ」と言っていました。「だいたい個人認証でぼくらフリーの人間は認証で非常に不利な立場に立たされているのだし」とも。

     でも私はそう楽観的にならない。データベース相互の連携など、早晩プログラミング科学の進歩でなんとでもなりそうだ。まあ、マイクロソフトのサーバーを使っている限り無理という気はするけれど。

     問題の核心はローレンス・レッシグが「CODE」で指摘したように、どれだけ現在の社会がもついい加減さを、アーキテクチャとしてICカードのような新しい社会インフラに作り込んでいくことなんだろうと思います。

     にしても、ここらへんの議論があまり盛り上がらないまま、どんどん実態が先行しているのはまずいと思う。技術は革新的でなくてはならないし、個人の精神も先鋭でなければならないけれど、生活は保守的でいいのだと私は思っています。

    ##いや、でももっとありうるのが、導入されたシステムがどうにもこうにもスカタンで、我々は今まで以上の不便さを忍ばなくてはならないというケースだな。アーキテクチャ構築に関する日本人、さらには日本官僚の絶望的なヘタさは、色々見てきたからなあ。

     オーウェルとハックスレイにこの現状を見せたらなんというだろうか。

    松浦



  • 怖いなあ。 おかちん さん HomePage 投稿日:2003年01月31日(金) 10時19分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; T312461)]  
    やっぱ、一番怖いと感じるのは、スカタンなシステムで不便を強いられることですね。
    機械なんだから、誤作動はあるだろうし、、余計な金取られたりとか、またその金を
    取り返すのにすごい手間がかかったりとか。その機械の誤作動のせいで、犯罪者と
    勘違いされたり(そんなハリウッド映画あったな)。

    こないだ、終電捕まえようと、自動改札を駆け抜けたら、バーが閉まって、定期券を弾き
    出されました。時間がなかったんで突破。でもって目的駅で降りたら、自動改札が通れず、
    普通の改札に行ったらまるで犯罪者扱い。もちろん突っぱねましたけどね。機械のエラーを
    訂正するのが人間の仕事なのに、その機械を信じ切ってるあたりがもう、情けないやら。

    一連のこうした機械が怖いのは、管理されることに加えて「強制力」を持つことかも
    しれないですね。

    ※そういえばETC導入初期、開くはずのゲートが開かなくて、車がバーに当たるなんて事故が
     ありましたよね。怪我とかもあったろうに、報道されなかったなあ。