HTML版の過去ログアーカイブです。
「リストに戻る」ボタンがうまく動作しない場合は
こちらにお戻り下さい。
ニュース速報で・・・ おうやん さん 2003年02月01日(土) 23時52分
[Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)]
スペースシャトルコロンビアが空中爆発した可能性
があるとか言ってますね。
大丈夫かなあ。

  • ああ ふじのん さん 投稿日:2003年02月02日(日) 00時06分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)]  
    映像では完全に空中で分解しているようです。
    これは・・・

  • ななな おきかずぴこ さん HomePage 投稿日:2003年02月02日(日) 00時36分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    なんですとー!
    ニュースニュース

  • わかつき さん 投稿日:2003年02月02日(日) 00時40分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.5)]  
    どうもダメな雰囲気ですね…
    CNNによる映像の破片の大きさがちょっと気になりますね…

  • ビックリ 三十郎 さん 投稿日:2003年02月02日(日) 00時44分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Windows 98; Hotbar 3.0)]  
    朝日コムですがここを押して
    TVニュースを見ると、爆発四散した感じの写り方してますね。
    心配です

  • あああ おきかずぴこ さん HomePage 投稿日:2003年02月02日(日) 00時44分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    動転して2回送ってしまいました。
    ニュース見ました。うーん、これは・・・
    生存者がいることを祈るけれども・・・

  • わかつき さん 投稿日:2003年02月02日(日) 00時48分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows NT 5.5)]  
    一応、CNNのアドレスをここを押して
    無事を祈りたいものですが…

  • 今見ました〜 とむ さん HomePage 投稿日:2003年02月02日(日) 01時15分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    びっくりしてココに来てみました。・・

    あってはならないことが、・・・(驚

  • 何と言う事か・・・ LJ20糊 さん 投稿日:2003年02月02日(日) 01時22分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95)]  
    私もニュース速報のテロップで見てビックリしましたが、これはかなり厳しいですね。
    米国のどなたかのインタビューで、「打ち上げ時に左の主翼に何かぶつかったのを
    見たが、それが原因か。」と言っていましたが、そんなことがあったのでしょうか。

  • 主翼の衝突物 ふじのん さん 投稿日:2003年02月02日(日) 01時32分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)]  
    情報ではあったようですが
    ミッションを続行したところから重大な問題ではなかったのではないかと
    青木さんが言っていました。
    果たして・・・

  • 有人宇宙飛行への道 あいば さん 投稿日:2003年02月02日(日) 02時33分
    [Mozilla/4.6 [ja] (Win98; I)]  
    スペースシャトルの飛行は当分中止になり、国際宇宙ステーションの建設も中断するでしょう。
    宇宙開発に大きなブレーキがかかるなぁ。

    NHKで繰り返し流されている映像を見ると、完全に無理そう。
    しかし、よく撮影していた人がいたもんだ。

    ちなみに松浦さんが宇宙作家クラブニュース掲示板にコメントかかれています。
    ここを押して

  • あ、やっぱり 黒土龍 さん 投稿日:2003年02月02日(日) 03時17分
    [Opera/6.05 (Windows 98; U) [ja]]  
     ここだと話題になってるかなぁなんて思いつつ来てみたら案の上か。
    帰還時の事故というのは珍しいパターンですね(あくまで一般報道で取り扱われる話題で)。
     NHKが流したCNNの画面見て思い出したのがミールの大気圏突入時の映像。
    爆発というよりむしろ機体に何らかの損傷があった状態で大気圏突入し空中分解したのではないかと思わせるような感じです。
     発進時の打撃の他にも、高速移動するゴミが当たって機体が破損したという可能性も考えられますね。
    爆発ではなく分解であったとしてもあの高度では完全な機体回収も難しい感じで、航空機事故でたまにやる復元による原因調査も難しそうですし、残された記録群から推察するにしても長期化しそうな雰囲気がありますねぇ。

  • う、うわああ おかちん さん 投稿日:2003年02月02日(日) 07時40分
    [DoCoMo/1.0/SO503iS/c10]  
    いま、みました。
    出先なんで情報が入らないです。
    どうして、、、。

  • なんとも言葉が・・・・ スミソニアン=ARMY さん HomePage 投稿日:2003年02月02日(日) 12時11分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    ショックが大きくて言葉が出ません。
    しかし、こんな中でもX-33の開発が続いていれば、ふじ計画が進んでいればということを考える自分に少々自己嫌悪があったりします。

    しかし、ネット上で一番役に立つニュースがSAC掲示板というのが相変わらずというのが・・・

  • 重複投稿すみません。 とむ さん HomePage 投稿日:2003年02月02日(日) 13時20分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    先の書き込みのあと、そのままPCでTVをチェックしてました。リロードで重複してしましました。

    突入の際に最初に左翼のセンサー、タイヤ圧異常、左翼の温度センサー、期待全部のセンサー、の順でトラブル、交信不通となったようです。
    私も個人的には、黒土龍さんの話のような理由で宮中分解後、引火、爆発・・・。

    打ち上げの際の脱落タイル接触にも原因があるのではないかという話も出ております。
    ここの方ならご存知のように、普段は搭載する補修材と作業アームを今回はペイロード事情で下ろして発ったそうです。

    着陸15分前、きっと彼らは、バーのアルコールや家のベッドをもう考えていたことでしょう。
    今日、私は一日力が入りそうにないです。


  • 何とも残念な結果に… 三十郎 さん 投稿日:2003年02月02日(日) 13時30分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)]  
    仕事しながらネットニュースを見まくってます。
    ここを押して
    で、『コロンビア』で検索するのが一番早そうなので、そこばっかりですが。結果はこちら
    ここを押して
    やはり古過ぎたんでしょうかね。打ち上げ時に左翼に物が当たったと言う報道もありますし。
    何とも、残念な結果になってしまいました。

  • 先の書き込みで。 とむ さん HomePage 投稿日:2003年02月02日(日) 13時44分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    私、誤字連発してます、すみません。(汗

  • しきしま@通信断中 さん 投稿日:2003年02月02日(日) 13時52分
    [DoCoMo/1.0/SO503i/c10]  
    目覚まし代わりのテレビから
    最悪のニュースが…。

    またひとりヒーローを
    失った気分です。

  • やりきれません。 おかちん さん HomePage 投稿日:2003年02月02日(日) 16時23分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; T312461)]  
    先程自宅に帰り着き、ようやく細かな状況が理解できました。
    そうですか、遺体の一部が発見されたんですか…(ここを押して

    不幸が重なったとしか言いようがありませんね。盤石のシステムに見えるシャトルでさえ、
    はやり悲劇に巻き込まれる可能性がやはり残っているんです。
    人類がこの悲しみを乗り越えて、再び宇宙に上がる日が一日も早く来ることを
    願って止みません。

    最終的な原因追求結果が待たれるところですが、大気圏突入時の左の主翼の問題がほぼ主因と
    見て間違いなさそうです。しかし、ああ、もう少し減速していれば、ここまで燃えなかった
    かもしれません。本当に不幸としか言いようがないです。

  • 悲しみを乗り越えて。 おかちん さん HomePage 投稿日:2003年02月03日(月) 12時30分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    宇宙作家クラブのHPに特設ページが出来ました。>ここを押して
    会員の方々からのコメントが集まっています。今後も逐次更新されます。

    原因は今のところ左翼に当たった氷のカタマリが一番濃厚ですねえ。
    タイルが剥げ落ちまくっていた初期の頃は軌道上でカメラを使ってチェックしてたと
    思ったんですが、最近はやってなかったんでしょうか。

  • ・・・ 亀どん さん 投稿日:2003年02月03日(月) 15時59分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; .NET CLR 1.0.3705)]  
    シャトルの事故、0時すぎにNHKで知ってそのままTVとネットにくぎづけでした・・・
    まだそのショックを引きずっています。

    そのうえ今日、中学時代の同級生より、奥さんがガンで亡くなったという電話が。友人はずっと関東なんですが奥さんが長崎出身ということで、1年半ほど前に奥さんの実家に帰省中に長崎で卒業以来久方ぶりに会ったばかりでした・・・
    たてつづけの事件で正直だいぶまいってます。でも生きてる側がいつまでもくよくよしてちゃいけませんよね。友人をはげまさなくちゃいけない立場ですし。
    なんとか気持ちをたてなおそうと思っています。

    とっても個人的な書き込みで申し訳ありません>みなさま

  • 重なりますねえ。 おかちん さん HomePage 投稿日:2003年02月03日(月) 17時28分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    ああ、まだお若いでしょうに、お悼み申し上げます。
    亀どんさんもお辛いでしょうが、ご友人を元気付けてあげてください。

    なんか楽しい企画を考えましょうか。悲しみを忘れないためにも。

  • 歩みは鈍るが立ち止まりはしない 黒土龍 さん 投稿日:2003年02月03日(月) 18時44分
    [Mozilla/4.04 [ja] (Win95; I ;Nav)]  
     シャトル事故の報道は届いていた筈ですが、ロシアのバイコヌールからはプログレスが雄々しく飛び立っております。
    なんてったって今は「国際」宇宙ステーション計画なんですから、役割分担とかに大幅な変更はあるかも知れませんが、停滞するような事はないですよ。
    それに物資運搬だけなら、この国にだってやる気になればシャトルの分いくらかでも肩代わりしてやれるんじゃありませんか?
     とはいうものの、技術はあっても金はなしというのが日露両国共通の辛いところ。
    復帰までの間、ちょっとばかし用立ててはくれませんかねぇ>米国

  • 追悼 おきかずぴこ さん HomePage 投稿日:2003年02月03日(月) 22時35分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    リリエンタールの言葉を出すまでもなく、今回の事故は進歩の過程で通らなくては
    ならない里程のようなものです。
    かつて武石浩玻が墜落した報によって飛行家を志した者が多く出たということが
    ありましたが、今回の事故によってより一層の宇宙開発への(ある程度興味本位
    であることは仕方ないにせよ)関心の増大と進歩の加速が行われることを願うば
    かりです。
    特に教育現場では活発な議論を求めたいところです。絶対安全ということは絶対
    無い、ということの教訓にもなりましょうし、これを機会に人類の進歩が多くの
    犠牲の上に成り立っていることを教えることもできるでしょう。

  • 書き込みに間違いがありました とむ さん HomePage 投稿日:2003年02月03日(月) 22時39分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    米国は、今は戦争のお金を各国に求めてるくらいですかね。どうなんでしょう

    さておき、先の私の書き込みに間違いがありました。シャトルに補修材の搭載というはなし、点検が可能なカメラアームを普段は搭載する件は事実ですが、補修材は現実的に搭載していないようです。失礼しました。

  • ポップコーン現象 おかちん さん HomePage 投稿日:2003年02月03日(月) 22時39分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    何やら耳慣れない言葉が毎日に載ってます>ここを押して
    結氷が落ちたんじゃなくて、燃料タンクの断熱材が剥がれ落ちて当たった、
    というものだそうで。
    氷よりは破壊力がありそうですね。原因追及の一歩となるといいんですが。

    >宇宙ステーションは「国際」
     ですね。こんなときこそ国際協力の意義を発揮しないと。しかしまあ、日本は手も足も
     出ない状況ですね。結局お金出してるだけじゃ、イザって時、だめなんだよなあ。

  • ややっ おきかずぴこ さん HomePage 投稿日:2003年02月03日(月) 22時44分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    松浦さんがリリエンタールの言葉を引用されておられますね。
    他意はないです。自分とて真っ先に浮かんだ言葉ですし。
    ついでに言えば、二宮忠八も、サントス・ヂュモンも、井上長一も、みなこれら
    空飛ぶ機械が多すぎる犠牲を必要とすることを嘆き悲しんで晩年を過ごしました
    が、いま我々が広い世界を見ることが出来るのも、彼らの努力の上にあるのだと
    いうことを忘れてはならないと思います。
    自分に出来るのが追悼のみであるというのは情けないことですが・・・

  • 人間失格 電波 機三郎 さん 投稿日:2003年02月04日(火) 05時11分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)]  
    今回の事故は日曜の未明に初めて知りました。
    最初は耳を疑いました。
    次に、今回イスラエル人のクルーが参加するということから、打ち上げ時にテロの警戒をしていたはずなので、どこかの『カンチガイ』が政治的な宣伝や犯行声明を出すのではないかと考えました。(事故の原因がテロでないと、ほぼ確信していましたが)
    さらに、NASAが原因究明が終わるまでシャトルの運行を中止すると聞き、「H-2Aに『特需』が発生するといいなァ」と思いました。
    最後に、自分の発想にかるい自己嫌悪を感じました。

    たまたま年末から年始にかけて、「ファインマンさんベストエッセイ」という本を読んでいたのですが、収録されているエッセイの中に「スペースシャトル『チャレンジャー号』事故少数派調査報告」というタイトルがあります。
    実際に事故調査委員として、ファインマンが提出した報告書です。今回の事故と直接的な関連は無いですが、今回の事故の報道を聞いていると『前回の失敗』と似たような流れを感じてしまいます。

    今回の事故のときには、「本読み」としては谷甲州の航空宇宙軍史「星の墓標」の最後の一文を、「エンジニア崩れ」としては本田宗一郎がレースマシンを造り上げるときに技術者に語ったという言葉を思い出します。

  • どこどこ? おかちん さん HomePage 投稿日:2003年02月04日(火) 18時45分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    松浦さんのコメント、どこに上がってるんでしょ?
    うう、見たいなあ。

    >補修材
     私も気になってあちこち見て歩いたんですが、やはり全く無いそうですね。
     野尻さんの会議室で丁度今、話題になってました。燃えるの覚悟で帰ってくるしか
     ない、と。

    >ロシアのプログレス
     世界各国の状況を見た感じでは、宇宙計画の遅れは思ったほど無さそうですね。
     ここで立ち止まるわけにはいかない、という感じ。日本もH-IIAの計画そのもの
     には影響が無い様子ですし>ここを押して

     ですが、思わぬところで影響が出ている例も>ここを押して

  • あ、そっか。 おかちん さん HomePage 投稿日:2003年02月04日(火) 19時15分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    >松浦さんのコメント
    SACのコメント一覧ですね。ここを押して
    どの部分が引用なのか、原典知らないんで分かりませんでした(^^;

  • しないつぐみ さん HomePage 投稿日:2003年02月04日(火) 20時39分
    [Opera/6.05 (Windows 98; U) [ja]]  
    失われた船と乗員の命に哀悼の意を。
    非常に痛ましい事故でしたが、何万年も見上げ続けていた空への道程です。
    歩みを止める理由にはならないですよね。

    >>補修
    帰還不能となった場合の脱出の手立てなし、というのは少し意外でした。
    #ミッションの内容に大きく左右される部分でしょうけれど
    これがリスクとして背負われる部分の一つなのでしょうが、飛行士たちへの尊敬を新たにします。

  • ああ。 おかちん さん 投稿日:2003年02月04日(火) 22時14分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    しないさんところのサイト、追悼トップ絵になったんですね>ここを押して
    その行動力には敬服いたします。

  • ふと LJ20糊 さん 投稿日:2003年02月05日(水) 23時58分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95)]  
    今日仕事中に思い出したのですが、シャトルの耐熱タイルは田無の多摩六都科学館に
    展示してあったと思います。鎖で繋がれてはいますが、手にとって見る事が出来ました。
    見た目より異様に軽いのですが、蝕感は軽量レンガか発泡スチロールかという印象でした。

    しかし、現地で落下した部品の盗難&オークション出品が相次いでいる、というのも何とも・・



  • 真打ち登場 おかちん さん 投稿日:2003年02月07日(金) 22時28分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    BizTechで松浦さんによるシャトル事故の解説が始まりました。
    3回連載だそうです。
    一回目は>ここを押して
    二回目は>ここを押して

    仕事にかまけている間に、状況が変わってました。破片命中によるタイル破損説から
    原因不明状態になったとこまでは追っていたんですが、左脚のカバーの話は初耳でした。

    事故を風化させちゃいけませんね。
    アストロアーツのコロンビア事故関連リンク集(ここを押して
    も貼っておきましょう。国内に流れる報道をほぼリアルタイムで掌握できます。

    >多摩六都科学館
     週末、出かけてみることにしました。プラネタリウムの件もあるし。

  • 第3回です。 おかちん さん 投稿日:2003年02月10日(月) 19時02分
    [Slepnir (compatible; MSIE 5.0; Windows 2000)]  
    松浦さんの解説、最終回です>ここを押して
    ふじ計画の意義が分かりやすく書かれてるので、必読。

    あと今日出た気になるニュース>ここを押して
    打ち上げ翌日に機体から何かが分離。どうやら氷じゃないらしいんですが、
    なんでしょうね?デブリなら衝撃があるから分かると思うんですが。

  • メールニュース“R a n k i n ' B i z T e c h”より 三十郎 さん 投稿日:2003年02月13日(木) 11時27分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)]  
    =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
    R a n k i n ' B i z T e c h 2003/02/12 Recommended by BizTech
    ここを押して

    =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

  • 多摩六都科学館で おかちん さん HomePage 投稿日:2003年02月16日(日) 19時36分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; T312461)]  
    本日、子連れで多摩六都科学館に行ってきたんですが、そこでLJ20糊さんとバッタリ
    会ってしまいました。例によって私が逃げ回る子供の名前を連呼しながら追いかけて
    いたら、気づかれまして。お互いビックリ(^^;

    お目当ては例のシャトルの耐熱タイルの展示です。でもよく見たら比重の模型であって
    実物がさわれる訳ではありませんでした。あのショーケースの中にある方が本物だった
    のかな。子連れだったんでよく見られなかったため、詳細はわからず終いでした。要再
    挑戦という感じ。

    本物はもっと発泡性がある素材で脆い、って話です。土産に買った、例の宇宙食アイス
    クリームって、あのタイルに近いのかも(^^;

    LJ20糊さん、よって子連れだったんで、あまりゆっくりお話しできないですいませんでした。
    次回のドライブかトライアルあたりで、またどっぷり話しましょう(^^)

    >BizTech記事
     これだけまとまった解説記事はほかにはありませんでしたからね。情報量と解説の深さの
     勝利でしょう。
     こないだのH-IIA打ち上げ成功の時もこのくらいたくさんの解説記事が読めたらよかった
     のに。失敗の時の方が情報が多いってのは因果なもんです。

  • 失礼しました。 LJ20糊 さん 投稿日:2003年02月18日(火) 01時27分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 95)]  
    >耐熱タイル
    私の書き方が悪かった為に誤解させてしまったみたいですみません。
    貴重な実物は透明樹脂のカプセルに入れてあり、体積と質量を揃えた
    モックアップが置いてあるのでした。実物をよく観察すると、誰かが
    角をぶつけた様な傷跡がありましたが、あれで検査落ちした物を譲り受けた
    のかな?
    昨日はお子様達が少なかったので、オービターの実物大模型にも登ってみました。
    体積の大きい私にはキツかった。せっかく空いていたムーンウォーク体験機は
    体重制限が80kgまでだったし。子供達がうらやましいなあ。

  • いえいえ。 おかちん さん HomePage 投稿日:2003年02月18日(火) 23時50分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; T312461)]  
    こちらこそ、間抜けでした。素材が素材だけに、触れるわけはないので。

    >ムーンウォーカー
     あ、あれ、私も乗りたかったんですが、私が行ったときには結構混んでいてダメでした。
     80kg制限で引っかかっちゃったのですか。LJ20糊さんが80kgあるとは思えません。
     筋肉質な方が羨ましい(^^;

    >スペースシャトルの実物大模型
     鼻先だけとはいえ、でっかいですねえ。うちの子供達が中に駆け込んでしまい、追い
     かけるのが大変でした。中はただのジャングルジムでしたが、写真とか見ると通路の
     狭さってあんなもんみたいです。

     今回の事故に関する解説のフリップが置いてありました。思わず足が止まりました。

  • NHKで スミソニアン=ARMY さん HomePage 投稿日:2003年02月19日(水) 21時02分
    [Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)]  
    NHKの手話ニュースで言っていたのですが、NASAが次期シャトルを2010年までに飛ばすとありました。
    絵を見てみるとオービタルサイエンス案のイメージイラストだったのでもしかしたらこれが一番有力と考えているのかもしれませんが、やなりNASAはシャトル型でしょうか。イメージというかシャトルからカプセルに戻るのは一般に受けないのかもしれませんが、10年までだったら今から日本もふじ計画をスタートさせればアメリカと渡り合えそうなので、がんばってもらいたいところです。